2016年12月26日

OB戦

昨日は中学硬式チームのOB戦がありました。
souの前後の世代が集まり、厳しい野球じゃなく楽しい野球をみんなでやることが出来ました。
すでに、草野球ぐらいしかしていないOBもいるので、souが投げるとほとんど打つことが出来ません。
ですが、まだ現役のOBと対戦する時は、ちょっと力を入れて投げていましたが
そのボールでなにか中学生に伝わればよいかなと思います。
posted by アンバサダー at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

6年か・・・

もうあれから6年が経過し、7年目に突入しました。
なにもしてあげられないのがつらいと言っても
本人のもどかしさ、悔しさに比べると
どうってことありません
この状況でも良いから、私はずっと続いてほしい
でも本人は、今すぐにでも終わってほしい
posted by アンバサダー at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

ちょっともったいない

このブログのサブタイトルにもある、隣の兄ちゃんと久しぶりに話をしました。
普段は、独立リーグでプレーしていますので合うことはないんですが、今はオフなので自宅にいます。
今シーズンもベストナインを獲得しましたが、目標であるNPBのドラフトにかかりませんでした。
年齢的にまだまだこれからですので、諦めずに頑張って続けてほしいんですが、今年で区切りをつけると言ってました。
目標が高ければ高いほど、好きな野球のはずが、続けることが辛くなる。
実力的には、NPBでやっていけるものを持っているだけに、ちょっとどころか
本当にもったいないです。
でも、おかげでどういうレベルが必要なのかよくわかりますので良い指標になります。
posted by アンバサダー at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

残念・・・

県大会1位で臨んだ、地区大会ですが
残念ながら、初戦で負けてしまいましたので、ほぼセンバツ出場はできなくなりました。
夏だと県の優勝で確定ですが、センバツは、地区大会で上位に入らなければならない難しさがあります。
一昨年は、9回2アウトまで勝っていたのを逆転され出場を逃しています。
しかし、間違いなくsouの母校は自力を付けて来ていますし、結果も出始めています。
souも負けず、大学で結果を出せるようにがんばっています。
背番号も、慣れ親しんだ15に変更してもらいました。
この冬、がんばってもらいましょう。
posted by アンバサダー at 07:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

祝優勝!

souの母校が、秋県大会で優勝しました。
しかも、souの最後の夏に戦った高校にリベンジしての優勝ですので嬉しさもひとしおです。
表現としては、リベンジと書きましたが、実はsouの今の大学での親友の出身校でもありますので、憎き相手ではなく、親しみをもって見れる相手であります。
甲子園出場までには、上部大会勝ち抜かなければなりませんから、まだ高いハードルが待ってますが
校長先生を始め、世話になった先生の喜ぶ顔が目に浮かびます。

もう一つ嬉しいこと
今集まった選手は、souの特集番組を見てから入学した選手たちです。
中には、souにあこがれて入学を決意した選手もいると聞きます。
正直、嬉しいです。

再び、souを追いかけて、大学にまで来てくれれば、なお嬉しいですが
その為には、ローテーション投手にならなければ、なりませんね。
もう一息の位置まで来ていますが、まだまだです。
posted by アンバサダー at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

羽ばたけ!

鳥からのピッチングイメージ.jpg
羽ばたくように投げる。
これが今の私のイメージです。
なぜ、羽ばたくのか?
それは、たくさん飛んでも大丈夫な鳥の羽ばたきは
きっと、疲労が少ないに違いない。

そんな単純な理由です。

正解かどうか分かりませんし、読み流して貰えればそれで良いですが
すこし書いてみます。

メリットその1
肩甲骨をよく使える。

「ピッチングでテイクバックを背面側に入れすぎてはいけない。」
と、よく指導されます。
故障しにくいという観点からは、それは正解に近いと思います。
しかし、鳥の羽ばたく姿勢でテイクバックすると、今までよりも肩甲骨がよく使えている感触があります。

メリットその2
肩を痛めにくそう

羽ばたく姿勢からテイクバック→トップに移行すると
脱臼経験のある私の肩がグリグリ言わなくなります。

メリットその3
肘も痛めにくそう

自然なトップと手のひらの向きそのまま伸ばすと、自然な回内が行われ
必要以上に肘の関節がひねられることがありません。
過酷な連投により、悲鳴を上げつつ有る肘靭帯と関節の状態でも、投げているときは気持ちいいです。
※その日の夜は、激痛にうなされる時もありますが、少なくとも投げているときは、一切痛くない。

投げ方書いてないやんけ!
と思うでしょう。
そりゃそうです。こんないい話、人には教えられません。
文章も絵も下手ですから、コツは、書けないですし。
あえて言えば、セオリー通りの投げ方で間違いないとだけは言えます。
間違っても、肘の高さがどうとかボールの向きはこっちでなければダメとか
そういう視点で見ると、全然理解できないと思いますよ。

関節の自然な円運動の組み合わせで、綺麗な軌跡を描く。
肩関節は、円錐形の動き
肘関節は、曲げて伸ばすだけ、回内するのはあくまでも自然に。
上半身はこれだけ。
posted by アンバサダー at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ピッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

近況です

souは3期連続のメンバー入ですが、チームの方は初節を落としてしまいました。
先発の崩れた初戦に3番手で登板し、2イニング1失点。本人も不満な内容だったようで、次節までにしっかりと調整してほしいものです。
中学硬式のチームの方は、新チームの始動となりましたが、ほぼ1年生のチームですので結果を望む状態ではないんですが、消極的なミスが多く、悪い意味での若さが出てしまっています。
これを機に、じっくりと基礎を固める方針で指導陣は考えているようですので、そうなると、私の出番です。
任せていただけるなら、キャッチボール、守備、走塁の基礎はみっちりと叩き込んで見せます。
といいつつ、残念なことに半日しか活動時間がないので、いつも中途半端な活動しか出来ず、やりたい指導が出来ていません。それがジレンマですね。

選手のレベルによって、適正なノックってあると思うんです。
特に、硬式始めたばかりの選手に、捕れそうで捕れない微妙なノックってあまり意味が無いと私は考えています。
必要なノックとは、投手が打ちとったレベルのイージーな打球で、前後左右に自分の足でリズムを取りながら捕球できるノックをひたすらたくさんの数を受けることです。
たくさん受ける=スローイングも増える
ですので、スローイングは流れで投げるだけで良いので短い距離のネットスローで十分です。
バッティングで言えば、ティーバッティングのようなもの。
難しいことをするんではなく、捕ることが当たり前になるように、
体に染み込ませる必要があるんです。
だから、数が必要。
成功する数が必要。

捕球時に頭突っ込む奴は、打つ時も投げる時も同じく頭が突っ込みます。
膝から下を柔らかく使えるようになれば、自然と打つ方も出来るようになります。
下半身の強さと柔らかさ+リズム感+予測する能力
これら全て、内野ゴロのノックで身につけることが出来ます。
微妙な打球の違いに対応するためには、捕球直前の微妙な”間”が必要です。
間を作るコツは、軸足への体重ののせ方、足の裏の使い方にあります。
それは、教えて出来るものではないんです。
ヒントを与え、ひたすら繰り返して覚えるしかないんです。
posted by アンバサダー at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

里帰り

今年は遅くなりましたが、昨日、お墓参りに行ってきました。
souも、もちろん一緒です。
souのメインはどちらかと言うと、母校訪問です。
昨年は、休日に言ったので、学校にはあまり先生はおらず、少ししか会えませんでしたが
今年は、平日に行きましたし、文化祭の準備などですでに学校も始まっており、小1時間の短い時間でしたが、いろんな人とじっくり話することが出来ました。
ちょっと驚いたのが、近隣の公立高校のエースと友達になっていたみたいで、その友達に会いに行ったことです。その友達は、もう野球をやっていませんが、関東の某大学に進学しており、彼も里帰り中だったようです。
その高校では、丁度体育祭が行われていて、部活対抗リレーを見ながら、話し込んでいました。
posted by アンバサダー at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

少し違うらしい

プロ・アマ交流戦は、2試合しましたが2つとも負けてしまいました。
最後の試合は、同点の場面でランナーを背負って登板し、2アウトまでこぎつけた所で、3連打を浴びて負け投手になりました。
それでも、負け投手としてでも名前が乗るということは、勝負のかかった場面で使ってもらったということですので、それは悪いことではないと思っております。

souに聞いた所、プロ・アマ交流戦ではプロ1軍のボールを使用しており、いつものボールと感触が違ったとのことです。
革が固く、若干大きく感じたため、変化球が思うようにコントロール出来なかったと言っておりました。
いつもと違う経験が出来て、それを9月から始まる秋のリーグ戦に活かしてくれればと思います。

もちろん、メンバーに入ることが確約されているわけではないですし、出場機会があるかどうかも分かりませんが。
posted by アンバサダー at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

暑い!

souの学校は、夏休みに入って直ぐに、合宿に行った後、オープン戦が連日行われています。
夏前、調子の上がらなかったsouですが、ちょっとしたことをきっかけに調子を取り戻し
先発マウンドで結果を残せるようになってきました。
22日からは、プロアマ交流戦があります。
交流戦とはいえ、2軍相手とはいえ、プロと対決できるチャンスはそう多くありません。
メンバーに入れるかどうかは、sou曰く
「投手候補も多く、接戦なのでわからない」
らしいです。

昨日、大学からなにか塗り薬をもらってきました。

関西某プロチーム愛用の塗り薬らしいです。
筋肉疲労回復に効くとの事。

それを貰ってくるという事は・・・
チャンスをたくさん与えるぞということかもしれません。

以前なら、私も、故障するぐらいなら休むほうが良いという考えも持っていましたが
今の私は、少し違います。

チャンスを多くもらうということはありがたい事
チャンスさえもらえない選手も多い。
一つ間違えば酷使に繋がる危険性はありますが
リスクなくして成長もありませんし
それで疲労し、パフォーマンスが落ちるならその程度の選手
先を見据えることも大事ですが
何より、今出来ることをこなせるか
何が見せることが出来るかが大事だと思っています。

中学硬式を教えていて感じるのは
先を見すぎて、今何が出来て、何が出来ないかを感じ取ることが出来ない選手と親が多いこと。
今、全力を出せないのに、成長するわけがない。何が足りないかを感じ取れるわけがない。
簡単な約束事を徹底できないのに、自主的に練習できるわけがない。

souが調子を取り戻したきっかけは
スピード違反です
バイクで通学していて、取り締まりの厳しい道を通りますので、そういうリスクも多い。
幸い、免許も大事に至らず、事故もありませんが
戒める絶好の機会
ここぞとばかりに、締め上げました。

その後から、家での手伝い、自主的な練習
souの行動が変わります。
ピッチングのアドバイスは、徹底的にカーブをブルペンで投げろ。
これだけはしました。
それプラス
お前は、高校時代エースだったんなら、その名に恥じない行動と結果を示せ。

行動が変われば、結果も変わります。

souも、私の助けが必要なようじゃ、まだまだだな。
posted by アンバサダー at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする