2018年10月16日

これにて、引退!

前日、きれいに引退しそこねたsouだったんですが
終わってから、話を聞くと、本当はスライダーを投げたかったのに、サインはカットだった。
とういように、悔いが残るピッチングだったようです。

別に、負けが初めででもないですし
高校の時は、9回の裏に4点差をひっくり返された
もっときつい負け方をしたこともある。

souには、その時に高校の監督から学んだこと
いろいろ有るだろう?
明日、チャンスが有るかどうかわからんが、最後の1日を楽しんでこい
と、メールでですが、激励しておきました。

最終節3試合目(月)は、チームは、なかなか攻撃のリズムをつかめず苦戦
先発投手もほぼ、毎回ランナーを背負い苦しいピッチングが続くもののなんとか
試合を作り続け、やっと3者凡退に切って、相手の流れを少し途切れさせた、4回表。
その裏の攻撃も、あっけなく2アウト・・・
しかし、1番が粘って出塁し、すかさず盗塁。
これで、少しはピッチャーにプレッシャーを与えることが出来たのか
2番がライナーでスタンドにブチ込む待望の勝ち越し2ランが生まれ、相手投手をノックアウト。
試合が動くと、相手にも点が入るよくあるパターンで、5回表に1点奪われますが
5回裏にさらに得点を重ね、スコアは5-2と3点リードで優位に。
さて、ここで投手陣や野手陣の4年生の出番が出来上がる。
まずは、背番号11が8回表のマウンドに上がり、3人ピシャリで抑えます。
8回裏、DHに代打で4年生野手が打席に立ちます。
その間、souはベンチ前でキャッチボール。
9回表、souがマウンドに・・・
昨日の悔しい思いから、期する物があるのか、サインにもきっちり首を振り
投げたいボールをしっかりと自分でセレクト。
先頭打者には、スライダーを痛打されヒットを許しますが
次打者は、昨日ホームランを打たれた相手。
ほぼ、ストレートで押し切り、見逃しの三振を奪います。
一つアウトを取り、集中力が増したのか、ランナーを背負ったクイックからの
ピッチングにもかかわらず、ストレートの球速は140kmを超え力投を見せます。
キャッチャーのミットもほぼブレること無く、souの持ち味である
低めにきっちりと制球された、伸びのあるストレートがミットを叩きます。
2番には詰まらせたセカンドフライ
3番には力のないレフトフライ
最後は、本日MAXの141kmで、試合を締めました。

試合後、ウィニングボールを先発投手からプレゼントされ、
最後の試合を無事に締めくくる事が出来ました。

こうして、頂点を目指して取り組んだ、野球は終わります。
14年間、良い事ばかりではなく、苦しく辛いことの方が多かったと思います。
しかし、「チームメイトと仲良く、勝利を目指して真剣に」取り組んだ野球は
昨年亡くなった高校の恩師がくれたメッセージそのものの野球。

souは、やり抜いた!悔いはない!
との事です。

次は、ろうの仲間と楽しい野球を初めます。
しかし、そのろうの仲間と、健常者に立ち向かう野球をするみたいです。
やっぱり、チャレンジするんだな。
ブルペンでもこの熱投.JPG

posted by アンバサダー at 10:30| Comment(2) | 大学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした(で、いいのかな?)。ハンデがありながら、よく大学でも頑張りましたね。しかも、小さな体で。その分、得た物も大きいんでしょうね。
きっとこれからの人生に、それが役に立つはずです。今後の活躍も楽しみにしています。
Posted by Jay at 2018年10月17日 12:05
Jayさんコメントありがとうございます。
息子のおかげで、どういうレベルがどうなるのかを、日本の狭い野球の中でですが、立ち位置がわかるようになりました。
間違いなく、野球を通じて耐えることは覚えたと思います。
息子の進路については、最終確定してから記事にします。
Posted by アンバサダー at 2018年10月17日 21:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]