2018年08月29日

筋トレ

娘の体操競技を見に行くたびに思います
理想のアスリートは、体操選手
筋力、柔軟性、バネ、バランス力
素晴らしいといつも思います

ほぼ自重トレというか競技そのものが筋トレのような世界ですから
あの体を作り上げるのは、容易にできるものではないことはわかっています
ですが、体操競技を参考に自重トレで追い込むことが出来れば・・・
それにプラスして、野球の動きに筋肉と神経経路をつなぐことが出来れば・・・

怪我に強い、又は怪我しにくい体を得られるんじゃないのか?
筋肉だけでなく、靭帯も強くなるのではないのか?

と、いつもおもうのです。

そう思うきっかけは
マシンやバーベルを使った筋トレ(いわゆるバルクアップ)では
短期間に体が強くなりすぎて、いわゆる靭帯や腱が強化することがないのではないだろうか?

私の調べた範囲では
低荷重トレーニングでも、限界まで追い込めば筋肉量の増大は、高負荷トレーニングと同じだけの効果が得られるという、エビデンスを見つけました。
ただ、低荷重トレーニングでは時間がかかるのと、追い込めるかどうか。
という部分で個人差が出ますし、何よりも効率的でない。
その為に、ボディービルダーでは高負荷トレーニングが主流なんでしょう。
しかし、そのエビデンスの中には、靭帯の成長差には触れられていませんでした。

筋肉が強化されれば、靭帯も強くなる。

という話は聞いたことがありますが、筋肉の成長と同時に強くなるとは、何処にも書いているものを見つけたことがありません。

これは、私の推論ですが
幼少期に体をよく使ってあそんでいた子供のほうが靭帯が強いのでは?
低荷重の自重トレで長い時間を掛けてでしか、靭帯は強化できないのでは?

こう感じる理由の一つに、昨今の野球のパフォーマンスアップは投打ともに素晴らしいものがありますが、その一方、故障のリスクも跳ね上がっていると思うのです。

速筋を身につけるには、高荷重トレが有用
しかし、その速筋で体を壊してしまっては、意味がありません。

体操選手を見た時に、瞬発力が無いとはとても思えませんし速筋が不足しているとも全く思えません。

そこになにかヒントがあるように思うのです。
体操の動きって、アイソメトリック的な動きが多いです。
この冬は、ランニングのインターバルに、アイソメトリックトレーニングを追加してみようと考えています。

私も、長時間のランニング(マラソンやジョグ的な)では、筋肉をつけることは難しいと考えていますが、その他の何か良い点があるんだろうと思いますが、それが何なのかは、まだつかめていません。
その点は、次の課題ですね。
posted by アンバサダー at 09:59| Comment(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]