2018年07月31日

指導に対する覚書

最近、あまり指導内容的な記事載せてませんでしたが

もう一度、自分の頭の中を整理する意味で、書くことにします。

<基本的な考え方>
守備もバッティングもピッチングも、基本的にはプロに到達するレベルを目的とする。
だからこそ、基本的な動作のメカニックを重要視し、骨盤の角度、股関節の動作、肩甲骨の使いこなし、胸郭の柔軟性を体の準備を土台とする。

正しい、スクワットとランジへの移行。
真っ直ぐにたった姿勢
両手の挙上のストリームライン

これらが、チェックポイントとなる。

技術とは、自分の体を思い通りに動かす能力を身につけること。

センスとは、自分の体を思い通りに動かすために必要な、バランス感覚。

この、両方は補完関係にあり、やればやるほど磨かれるものである。

<ストレッチについて>
動的なストレッチを重視。
静的なストレッチは、日頃のケアには重要な要素を占めるが
プレーする当日は、ダイナミックストレッチが最も有用
静的ストレッチは、疲労回復の為に、自主的に練習中
開脚、股割り等、腰回り股関節周りを行うと良い。
オスグット系の持病を持つ選手は、もも前を伸ばす静的ストレッチは
適宜行うこと。
特に、股割りは骨盤を立てる為に必須動作の為
時間を見つけて、軽く行うことは有用である。

<トレーニングについて>
中学生なので、筋力等パワーアップ系のトレーニングは一切なし。
自重を使用した、腕立て伏せにバリエーションをもたせ
肩、肩甲骨、肘周りなどの強化を図る

腹筋、背筋などは、プランク系で行い、背筋を伸ばした状態での強化を基本とする。

腰回りの故障の予防のために、ドローインを推奨する。

<ランニング>
遅筋ではなく、速筋を鍛えるべく、長時間のランニングは基本的には冬場のアップのみとする。
その際、300g〜500gのウェイトを持ち、肩周りのインナーを同時に強化する。

走り込みは、インターバル走とする。
タイム設定はあえてせず、基本的には
動作時間=休憩時間
とする。
タイム設定を行わない理由として、走り込みに対する取り組みが
練習に対する取り組む姿勢が現れるため、選手を観察するよい機会となる。
いずれにしても、ゆっくり走れば休憩時間短くなるので、ある程度の強制力は確保する。

循環器系の成長を差を考え練習強度は、一定ではなく
厳しくしたり、ゆるくしたりすることで、過度な負担を避けるが
基本、中間よりもやや上のグループに練習強度を設定。
よって、下位の者は耐えられなくなるが、スピード及び本数を
緩和することにより、倒れないように工夫する。

中学生時代に循環器系を鍛えることで、体の酸素濃度を高めることが出来れば
高校で厳しい練習についていけるようになり、筋肉の成長の土台を作る。
よって、インターバル走は非常に有用なトレーニングであり
速筋を鍛え、循環器系を鍛える事が出来る。
夏場は、熱中症のおそれが高く、この練習は基本やらないほうが良い。
posted by アンバサダー at 14:20| Comment(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]