2014年07月24日

記念に残る放送

家に帰ってきたsouはやはり暇を持て余しています。
近いうちに体を動かす機会がありますんで、その時に合わせてある程度動いておく必要があります。
ランニングやシャドーなどは軽くしていますが、やはりボールを投げておきたいですからね。

火曜日の夜にあった放送で、souが出ていました。
試合後のニュースでは取り上げられていなかったシーンがその番組では使われていました。
どういうシーンだったかというと
souの悪い持ち味が出たシーンです。
souがランナーから目を切り、ロージンに手を当てた時、にランナーが2塁に盗塁しました。
今では、ロージンを手に取る時に走られたことはありませんが、この時souは、自分を落ち着かせるために、大きく肩で息つきながら、ゆっくりとロージンに手を当てていました。うまく隙を付かれました。

見ていた私としては、視点が2つありました。
souの視点と、グランドに立つ選手の視点です。
まず、sou
間違いなく動揺しています。スチールやエラーで許す進塁ではなく、ハンデを突かれた進塁。かなり大きなダメージだったと思います。
グランド整備の入った5回終わった後からは、かなり立ち直りましたので、動揺はかなりのものだったと思います。

次に、グランドに立つ選手
絶対に守る。そういう思いが強く伝わってきました。
それは、放送でもありましたが、その直後のレフトのファインプレーが象徴的ですが、それだけでなく、その次にランナーを出した時に、セカンドが大きな声を出してタイムを取り、souに声を掛ける等、機転を効かせてくれたことです。

火曜日の放送で、そのシーンを採用してくれたおかげで、いつまでも当時の事をいつでも思い出せることが出来ます。
反省すべき点、また、仲間に支えられた思い。

一番安心したのは、自宅で行われた私の取材が放送されなかったことです。
ほっとしました。

余談ですが、放送の最後の集合写真の時、souの横にいる目立つオヤジは、私ではありませんよ!
ちらっと、映る後ろでビデオカメラを構えているのが私です。
posted by アンバサダー at 11:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アンバサダーさん、ご無沙汰してます。
youtubeの動画を見て感動しました。
素晴らしい仲間と巡り合えたようですね。
ひとまずお疲れ様でした。
次のステップも陰ながら応援してます!
Posted by metoo at 2014年07月25日 23:52
metooさん!
コメントありがとうございます!
本当に、素晴らしい仲間です!
色々メディアに取り上げられて目立つのは息子ですが、本当の主役は仲間です。
8/14 PM8:00 NHKのEテレ要チェックですよ。

あ、思わず書いてしまった(^^;
Posted by アンバサダー at 2014年07月26日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック