2013年01月28日

寒かった〜けど打撃はもっと・・・

この週末も寒い週末でした。
土曜日の練習では、強風吹き荒れる中での練習で、体感温度も低く、選手たちも厳しかったですが、守備に関してはいい練習ができたと思います。
ただ、久しぶりに私がシートバッティングでバッティングピッチャーを努めましたが、2順回ってパーフェクトに抑えてしまいました・・・

いくら気温が低く飛びにくい条件とはいえ、バッティングに関しては、ちょっと、先が思いやられる状態でしたが、マシンバッティングだけでは、打撃開眼とは行かないな。と、改めて感じました。

練習に対する貪欲さが、少しは見えて来ましたが、まだまだ、取り組む姿勢というか、目的意識が足りないな。と、チームを見ていて2年1年の両方に感じてしまいます。
どうしても、やらなければならない練習というよりも、自分がやりたい練習をしてしまいがちな印象が強く残ります。

souにしても、まだまだ考えが甘い!と中学時代言い続けてきましたから、そんなものなんだろうと、受け止めてはいるのですが、それにしてももったいないな。とおもいます。

私が今、戻れるなら中学時代に戻って、代わりに練習に取り組みたい気持ちです。

日曜日、八幡店長の手のひら捕球の講習会に顔を出して来ました。
久しぶりの再開に、嬉しく思うと共に、中学軟式の練習を少し拝見させていただきました。
正直、先生方は苦労しているな〜
というのが印象に残りました。

内野手の、右足の使い方
外野手の、ボールの追い方
ピッチャーの軸足の使い方

その部分だけを注意して見ていました。
店長の伝えたいことが、うまく中学の先生に伝わり、子どもたちに伝わることを願ってやみませんが、どうしても、子どもたちは上体に意識が行きがちなので、そのギャップを埋める作業は、熱意しかないかもしれませんね。

改めて、自分もチームに戻った時に、もう少し熱意を持って伝えなければならないな。と、感じることが出来たのが、一つの収穫かもしれません。

souに対しては、真っ向勝負でしたが、その熱意をまだまだチームの選手に出しきれていません。その理由は単純に言えば、諸先輩コーチにたいする遠慮がどうしてもあるんで、簡単に熱意を出すことはできませんが、ひとつのきっかけにしたいとは思います。
posted by アンバサダー at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック