2012年05月07日

初の対外試合

GW中は、なんとか天気に恵まれて、なんとか予定されていた事をこなすことが出来ました。
高校で新入部員の歓迎会が施されました。
本当は、私はそれが終われば帰る予定だったのですが、翌日の練習試合に1年生だけの試合が組まれることを聞き、それを見てから帰ることにしました。
試合は、時間を1時間だけに区切っての試合で、早い者勝ちの世界なんですが、souは早々に監督の指名があり、ブルペンでアップを開始。先発か2番手のどちらかで出場との事。
それまで、バックネット裏でA戦を観戦していて、souの事はほったらかしにしておこうと思っていたんですが、3年生の保護者に誘われて、ブルペンに向かいました。
sou_ブルペン.jpg

見る限り、あまり腕も振れていないし、ちょっと上ずっている感じ。souが着替えに戻った時に軽く話をすると、調子が悪い。というコメント。
多くの保護者が見守る中ですので、人並みに緊張しているようです。アップ不足で体がほぐれていないのもあるんでしょうが、私としても、このまま見過ごすわけにはイカンと思い。一緒にブルペンに行きアドバイスをすることにしました。
と言っても、
「練習でのブルペンと、試合前のブルペンと、試合でのマウンドでは、全て考える事、やらなければならないことは違う。」
という、心構え的な話が中心。
「試合前は、とにかく軸足でしっかり立って、踏み込んだ左足にしっかり体重を載せ、足の指で地面をしっかりと捕まえて体重を載せることだけを意識しろ。」
バランスとタイミングだけを意識しろと、アドバイスをしました。
自分を信じて、調子が悪いと思ったら負け。ということも含めて言いました。
試合は先行で始まり、DH制での試合ですので、ピッチャーは投げるだけ。しかも、なんとそのDHに4番でsouの中学時代のチームメイトが入ります。
裏の守りになり、マウンドに上がったのは、左腕の1番手。
先頭打者にヒットを打たれ出塁され、送りバントされたのですが、それがなんと、ランナーがサードを狙い、レフトがサードベースカバーに入って、ゲッツーに。結局三者凡退となり、souがマウンドに上がった時、対戦するバッターは4番からです。
1番手が投げている間、souはブルペンで昔朝練でやった事を復習しながら調整。
そしてマウンドでの投球練習。
本来のスピードは無いものの、丁寧に低めに投げていました。
そして、1球目。カーブから入ります。
それを引っ掛けて、サードゴロで、1アウト。
バッター5番
一転ストレートから入り、カウントは1-1になり3球目ライトフライで2アウト。
バッター6番
カーブで空振りを奪いカウントは2-0。3球目低めに決まったストレートで空振りを奪いなんと、7球で1イニングを抑えてしまいました。
試合は、時間の都合上5イニングで終わったのですが、結局3-0で勝利することができました。

私としての収穫は、souの好投ではなく、1年生達と話ができた事。
皆、souの事を仲間として認めてくれて、対等に接してくれています。その事が、一番の収穫です。
満足して、私は高校を後にして帰路についたのですが、家に戻ってから直ぐに、souからメールが届きました。
内容は2試合目とは言え、A戦で1イニング投げさせてもらったようです。本人もエラー絡みで1失点したものの、コントロールと球威共に満足できる投球内容だったらしく、喜び溢れるメールでした。
同級生や2年生から、souがエース争いをしている。
と、聞いていましたが、少なくとも1年の中でエース争いをしているのは、事実のようです。しかし、まだまだ体も小さいsouですので、体づくりのほうが大事ですから、故障せず無事に過ごして欲しい。
それだけを願っています。
チャンスをもらえるのは、ありがたいことなんですが、まだ体小さいですからね・・・
posted by アンバサダー at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック