2012年03月05日

やっぱり、外弱いなぁ

この週末、久しぶりにバッティングピッチャーをしたおかげで、左足の太ももの筋肉痛がすごいことになっています。
階段登るのが辛いどころか、普通に歩くだけでも辛い・・・
肩周りは、まぁハリがある程度、肘もそんな感じで、疲れが取れれば、次の週末に投げることも難しくはないでしょう。でも肩周りのストレッチはしっかりやらないとダメだなと、痛感しますね。
ちなみに、バッティング練習のテーマは、2ストライクに追い込まれていることを前提に、アウトコース低めを狙った投げていましたから、それほど速い球速では投げていません。ただ、ストレートとカーブを交互に投げていただけだったんですが、玉数は300球近くは多分投げたと思います。
さすがに、投げすぎましたかね。久しぶりにたくさん投げましたから、中指に豆ができそうになってしまいました。

コントロールの方は、時折ばらついてしまうことも有りましたが、概ね狙った所に投げることができたので、結構楽しかったです。
ただ、打ちとってしまっては、どっちの練習なのかわかんなくなりますので、微妙な気分ではありましたので、余りにも酷い選手は、ストレートの甘いコースに投げてあげたんですが、それでも、詰まるのがちょっと残念な感じがしました。
でも、やって思ったのが、マシンのボールよりも手投げの生きたボールのほうが、よほど練習になるということ。
今までやりたかった練習を、監督が徹底してやってくれたのが嬉しかったですね。
来週も、人間マシンとしてがんばります。

ある程度、高いレベルのバッティング練習をしないと、気持よく打ってもらうだけの練習では、内弁慶バッターばかりになって、厳しい外の世界で通用しなくなってしまうのが怖いですからね。

バッピーすると、souとの対戦も楽しめるのがやはり良いですね。ラストの1球はチェンジアップが見事に決まって、なんとか面目を保ちました。カーブは綺麗に打たれてしまいましたけどね。それを楽しめるのもあと4回ぐらいかなぁ。

実は、その日とある高校の監督が来ていまして、souのことを覚えてくれていたらしく、ピッチング、バッティング共に1年前と比べるとすごく進歩しているなと、褒めて頂きました。
まぁ順調に成長しているということでしょう。
posted by アンバサダー at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック