2011年12月28日

みんな、振ってるかな〜

souのOB戦でのバッティングを見ていて気づいたことがあります。
まだまだ、フォーム的には課題もありますし、ヘッドスピードも含め成長の余地はたくさんあります。

しかし、見ていて違和感がずいぶんとなくなったなと、感じました。
違和感というのは、何かというとタイミングのとり方です。

バッティングは、タイミングを合わせることが出来なければ自分のスイングをすることが出来ません。

チームの中でも、ティーを打たせたら右にでるものがいないぐらいの選手がいますが、打率はどうかというと、ちょっと物足りない数字です。
ティーが上手いということは、それなりのスイングの力を持っているということですが、いざ実戦となると、泳いだり差し込まれたりしています。

それを見て、色々とフォームの改善などをティーで指導したりしているんですが、ティーだとバッチリ。

つまり、フォームが問題ではないんですね。

でも、チームの中で殆どの選手が、まだまだスイングする力そのものが不足しています。
こっちの方は、なかなかすぐに身につくものではありませんから、待たなければならない。

でも、それらの選手も、タイミングのとり方がイマイチと感じるケースが多いので、おそらく、タイミングをしっかり取る練習に集中することになると思います。

スイングする力は、日常の練習で身につけてくること!
posted by アンバサダー at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック