2011年12月15日

あせるなよ!

先日の練習で、2mほどの竹竿を使って素振りをさせる練習をしました。
竹竿を使って練習すると、スイングの軌道のチェックがしやすいのです。
しかも、椅子に腰掛けて練習させましたので、腕の使い方がテーマの練習でした。

対象の選手は、このブログでも時折出てくるMR君。

最近ようやく力強くスイングできるようになって来ました。
しかし、バットの軌道が、ボールの軌道に対してレベルに振れていません。だから、打てるコースが限定されてしまう。

この冬の間こそ、フォームをぶち壊し創り上げる最良の季節。

souの学年のリーディングヒッターも、この時期はまった打てず、MR君とほとんど同じような癖に悩んでいました。

ですから、全然焦る必要はありませんし、私もなんとかなると思っています。

でも、きっと本人は焦りを感じ、早く治したい。
その一心だと思います。

一番練習の中で大事なことは、本人のヤル気です。
先週の練習で見た、MR君の目はやる気に満ち溢れ、力強いいい目をしていました。
だから、きっと春頃には目が出始め、チームとして無くてはならない存在になると期待しています。

細かな技術は、ほんの少しのキッカケで身についたり、道がひらけたりするものです。

私が、たった一つアドバイスすることが有るとすれば、自分の間を作りなさい。その間を作ることに意識を集中しながら素振りすれば、体は自然に自分にとって無理なく動くフォームを創り上げてくれると思います。
自分のリズムとタイミングを作り上げる為の素振りを心がけてください。
ボールとバットを喧嘩させるのではなく、バットにのせて運ぶイメージ。
posted by アンバサダー at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック