2010年12月06日

故障から2ヶ月

とても天気のよい週末で、練習試合、野球教室共に天気に恵まれ、よい週末を過ごすことが出来ました。

今週末から、souの肘には今までのハードなサポーターではなく、単なるスリーブタイプのサポーターです。
金曜日のレントゲン撮影では、疲労骨折部分が完全にひっついており、肘周りの動きも完全に回復。肘の故障が完治したことが確認できました。

疲労骨折から、2ヶ月ちょうどの12月初めの週末。
練習試合2試合目、7回表のマウンドに、souが立ちました。

1イニングだけの登板ではありましたが、先頭バッターを空振り三振。
2番は、セカンドフライ。3番には、レフト前にポトリと落とされますが、4番を簡単に打ち取り、無事に1イニングを抑えました。

この日の変化球は、カーブやスライダーではなく、チェンジアップ。
肘の負担を軽減するための新球です。

souの復活と共に、新しい武器を持ち、さらにリハビリとトレーニングを重ねて、完全復活したsouを春の大会までに仕上げていきたいと思います。

バッティングの方は、肘の不安が払拭したことにより、完全にオーバースイング。
監督やコーチもビックリするぐらいのフルスイングを見せてくれました。
初球から積極的にフルスイングしていましたから、私はその粋や良し。
ただ、監督は力みすぎている部分が気になるようですが、バットを振る力も完全にもとに戻りました。
結果の方は2試合で、センター前1本しか出ませんでしたが、ボテボテの当たりはなく、打球そのものはよかったので、心配はしていません。
ただ、試合の展開や状況によって、何でも初球から打つのは良くないこともある。
と、状況に応じた待ち方をすべきであると、考え方についてアドバイスをしました。

もう、フォームや細かいことの指導は余程のことがないとしないでしょう。バッティングだけではなく、これからは、自分で考えて答えを出す事をして欲しいですし、分からないことは監督や他のコーチに聞いて欲しいと思います。
高校に進むことを考えると、自分から聞きに行くということをしていかなければ、アピールも出来ませんし、コミュニケーションも取れませんからね。
posted by アンバサダー at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 故障に負けるな! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック