2010年10月13日

ちょうど10日目

日曜日から数えて、約10日経過しましたsouの肘ですが、かなり可動範囲は改善してきています。曲げる方は肩にぴったり付くようになりました。

痛みその物が殆ど無いため、本人に危機感がないのが、ちょっと気がかりですが、本当に2週間後からリハビリ開始できそうな勢いです。
2週間後というと、souの運動会の日です。

使い過ぎないように要注意です。特に、学校の中ではリラックスし過ぎてふざけてしまうことがまま有りますから・・・

リハビリのメニューは、三宅先生と相談の上決めることになると思いますが、基本的には、前腕部の柔軟性の確保と筋力アップの部分と、肩周りの柔軟性に分けられると考えています。

前腕部をさらに細分化すると、
・手首周りの筋肉を柔らかくすること(手首周り)
・指の筋肉を柔らかくすること(手首周り)
・回内、回外運動のストレッチ(肘周り)

これらを、ダンベル、トレーニングボール、チューブ等を使ってやっていこうと思ってます。

フォームチェックの為に、発泡スチロール製のボールを投げる練習を、今、左投げで行っていますので、3週間後ぐらいから、肘にサポーターを付けた状態でスローイングの練習も取り入れる事を考えています。

基本は、骨さえ固定されれば、筋肉の柔軟性をしっかりと取り戻し、筋肉を鍛えた上で、正しいスローイングを行う。

このポイントを押さえておけば、大丈夫だと思いますが、一番大切なのは

私も、souも焦らずに、タイムスケジュールを守ること。

ですかね。

実は、昨日、あまりにもsouが硬球を右手で投げたがるので、肘にサポータをがっちりつけた状態で、天井に向かって軽く3回だけ、許可しました。

本人曰く、すごくボールが重く感じた。

との事。

まだ、時間がかかる事がわかったのですが、souのうれしそうな顔がなんとも言えませんでした。
posted by アンバサダー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 故障に負けるな! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック