2010年09月22日

軸を残す意識

さすがに3日間頑張り抜いた体は、疲れているようで、昨日は鼻血が3回ほど出ていたらしいです。
肩と肘の方は、特に違和感がないということで、少なくとも先週の肘の状態よりは、かなり回復しているようです。
肩の方は、投げないと分からないと思いますが、マッサージすると、痛いけど気持ちいい。という状態のようですから、まぁなんとかなりそうな感じではあります。

と言いつつ、私が帰ってからの、自主練として、羽根うちを行ないましたが、数ではなく、試合を想定して、崩されない体制で振り抜く練習の意識付けに終始しました。

というのも、先週の週末のバッティングは、体の軸を残した良いスイングが出来ていたのですが、準決勝以降のバッティングは、ちょっと軸が倒れ気味でした。
やはり、羽根うちで、軸を残す意識を徹底させることが、結果的に重要だと再認識し、数で体に覚え込ませるのではなく、意識的に、徹底できることの方が、重要だと考え、少ない数の中でどこまで自分で修正できるかを短時間集中型でやるように意識させました。


次に、バットを的に、羽根を投げる練習を新たに導入しました。
左右のコントロールのブレを少なくする事が目的です。
また、軽い羽根を軽く、無理なく投げることで、肩肘への負担も軽いですし、力まず投げることで、ちょっとしたリハビリになるという目的もあります。
posted by アンバサダー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック