2010年09月16日

診断結果は・・・

火曜日にに見てもらった、
三宅先生の診断の結果は、
肘の内側に軽い炎症があるが、単なる疲労で、問題なし。
という、診断結果でした。

ねる時に、湿布を貼っていれば、土曜日には十分元に回復していますよ。

ということでした。

正直、今までsouは肘周りに疲労が来たことが無く、油断していたわけではありませんが、試合で100球投げると、今回のようになるということがわかったということは、とても良い経験となりました。

肩肘の判断の一つに、腕の伸展や、回旋を見れば可動域や角度で状態の判断が出来ますが、水曜日の夜の時点で、左右差がなく、本人のヒアリングでも気にならない状態であり、家の中で、トレーニングボールや硬球で遊んでいる姿を見ると、
投げたくてウズウズしている様子が手に取るように分かり、肩肘の状態は回復しているようで、一安心です。

でも、今週末というか、9/25の秋季大会予選まで
18日試合
19〜20日練習
23日練習
と、ハードな日程が続きます。

しかも、9/25の試合に勝てば、翌日9/26も試合が続きます。
souだけでなく、他のメンバーも肩肘の状態がどうなるか、不安が募ります。

本来ピッチャー陣は、四天王になるはずが、3本柱になるかな?
という状況になり、体調面で2枚看板状態です。

ということは、2日で3試合こなすのが、ピッチャー陣の今の体力では限界でしょう。
souにあまり負担を掛けたくはありませんが、9月を乗り切れば、少し間が開きますので、来週のハードな日程さえクリアすれば、一段とたくましくなるのか、疲労がたまってリタイヤするのか。
管理する、私にとっても大きな山です。
正直、今週末は勝利も欲しいが、無事に終わって欲しい。
その思いが強いです。

本人は、いたってやる気で投げる気満々ですから、体は大丈夫だと思いますが、油断禁物、ケアは徹底に。

を、心がけて、1日1日を大事に過ごしたいと思います。
posted by アンバサダー at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック