2010年07月06日

とりあえず、今日は良かった。

最近の週末のブルペンで投手陣のボールを受けることが多かったのもありますが、左手の親指がまたズレてしまいました。
突き指と言うよりも、前にレントゲンを撮ってもらった時も、医者に関節がズレてる状態だったので、多分同じでしょう。

そんな状態でも、souと朝練をやってきましたが、souのボールはスピードこそまだ100km/hをちょっと越えたぐらいですが、ボールの回転数が多く、切れのいい音をさせながら伸びのあるボールが来るようになってきました。
いわゆる、浮く感覚があります。
練習中のスライダーは、いわゆる縦スラなんですが、大分まとまってくるようになってきました。
それでも、ストレートがコントロールできてこそ始めて生きてくるボールですので、トータルで見ればまだ30点ぐらいです。
点数の不足分は、ストレートのスピードとコントロール不足です。
それが良くなれば、必然的にスライダーが生きるようになってきますから、今のスライダーの曲がりと軌道でも十分使えるレベルではあると思ってます。
ストレートを磨けば、その分スライダーの切れも良くなってくるでしょうから、更に良くなるはず。

個人的に気になっていることが1つだけあります。

それは、カーブをどうするかということです。

これまで、souはカーブを試合で使ってきましたが、曲がりが大きすぎる為、打ち取る玉と言うよりも、追い込んでから三振を奪うためのボールのようになっていました。
このカーブも、初球に使えば結構有効なボールなんですが、曲がりが大きいこともあり、カウントを整えるレベルには達していません。
カーブに切れは必要ないのですが、今のsouの投げ方では、カーブにしては切れがありすぎることが、欠点だと思ってます。
これを、横スライダーに進化させるのか。
もっと、抜くカーブに修正するのか。

方法はいくつかあると思っていますが、最終的には、souが自分でどう進化させて行くかを決めて行くことになるでしょう。

その話を、変化球談義をsouとしたいと思ってます。

個人的な思いとしては、今のカーブも好きなんで、もうちょっと抜き方を覚えれば、もっとバッターよりで変化する面白いボールになると思ってます。

ストレート、スライダー、カーブ。

3種類の速さをコントロールできるようになって欲しいですね。

目標は、10月までに、ある程度のコツを掴んで欲しい。具体的に言えば、低めに安定して投げることが出来ればそれでOK。
次は、冬場沢山食べて、体力をつけて、ストレートの速度を増やして欲しい。身長160cmにさえなってくれれば、自然とスピードも伸びてくるだろう。

俺の勝手なチームとしての目標は、
秋季大会ベスト4
春季大会優勝

これを達成するためには、
投手力と守備力のアップが必要不可欠。
あと、けが人が出ないことも必須条件ではありますね。

この前の日曜日の、ノックを見ていると不安な気持ちにもなるが、何とかなると思っている。少なくとも、出来る事をやっていけば、きっとできるし大丈夫。
1年生からの突き上げがあまりないのが、ちょっと心配の種ではあるのだが・・・
posted by アンバサダー at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ピッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック