2010年03月09日

今は、こんな感じ

2月末が結構温かい日が続いた後だけに、ここ最近の冷え込みはちょっと嫌な感じですね。
しかも、今日も雨が降ってますし、朝練を復活させようと考えていた3月に入りましたが、天候にも恵まれず、練習できない状態が続いてます。
souにとってのメインの試合は、25日ですからその日に合わせての調整を行おうと思ってますんでまだ2週間ほどあります。
souの肩の違和感の方も本人が言うには問題ないとのことなんですが、本来なら1週間は様子を見たいところです。
肩の故障にしても、肘の故障にしても壊す時は一瞬ですからね。
肩周りのインナーの強化トレーニングやシャドーピッチング等で、肩の故障予防を日ごろからしていく必要があるなと改めて実感している次第ですが、この意識をsouも共有してもらいたいですね。

最近は、こんな日記的な記事ばかりなので、手のひら捕球に興味を持って検索してきてくださる方々には、つまらない内容が多くて申し訳ありません。

先月撮影した、KSG-25SEの捕球面でものせておきます。

25SE.jpg

7月の写真と比べると色が落ちてきているなと感じますが、全体的な型には変化はありません。
捕球位置は常に手のひら捕球の場所だけではありませんが、これはチームの練習内容に依存する部分もありますから、仕方がない部分もありますが、ほとんどウェブの部分は使ってませんし、グラブの指部分でボールを捕球する事はほとんどないですね。

先日、チームの内野ノックを私がしたんですが、捕球直前に捕球面がきっちり見えるのは、souとサードを守るKN君だけ。
その他の選手は、捕球直前に瞬間的に手首を上から下に返す形で出てきますので、ボールを弾きやすく、グラブの先で引っ掛けるように捕球してしまっています。
souも、まだまだ完璧に処理できるわけではなく、前に弾くこともありますが、その後あわてずに処理できるので、私的にはノープロブレムなんですが、コーチにして見れば不満を持っているようです。

守備に関して、「グラブを立てろ」というアドバイスと「しっかり握れ」というアドバイスは大嫌いなんですが。
その理由は、上達するためのアドバイスではなく、今を無難にこなすためのアドバイスに他ならないと考えているからです。

中学生の野球ですから、完成度を高める努力をしなければ意味がないと私は考えているのですが、指導者の中には結果を欲しがる傾向の指導者もいますからね。

試合中、ファンブルしてもアウトを取れば記録上エラーになりませんし、きっちり捕球しても投げ損なえば、エラーになります。
スローイングミスを、捕球と別に考える人が多いのですが、手のひら捕球の練習をやり続けると、不思議なことに、握り替えが上手くなるんですね。

ま、今はsouには、握る捕球もオプションとして覚えようとは言ってます。
いろんな指導者いますし、試合に出て実績作らないことには、souの高校野球への道も、まだまだイバラの道ですからね。
posted by アンバサダー at 10:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 手のひら捕球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。お返事をいただき、ありがとうございます。
うちの息子は、スラッガーのKSG-J3という少年用グラブを使っています。同じ野球部でショートを守っていた、憧れの3年生が以前使っていたというグラブを譲っていただいたものです。使い出して思うには、小さいグラブの方がプレイが堅実になりますね。捕ってからのスピードも随分と早くなりました。監督の先生からは、逆シングルを使えと言われているようですが、それよりも素早く動いて、なるべく正面で捕った方がいい、と逆アドバイス。
確実にアウトがとれたら文句ないはず。先生の指示は、適当に無視するようにしています(笑)どうしても逆シングルじゃないと追いつけない場合は、別ですが。
それと、sou君のチーム見学ですが、体験入部とか恐縮してしまうので、普通に見られたらそれでいいです。息子も土・日曜と練習がありますので、うまくお休みが合ったら。そんな軽い気分なのです。場所を教えていただけたら、星飛雄馬の姉のようにそっと見ていたいと考えています。
週末から春の大会開幕なのに、きょうも雨で練習不足が気になります。また、わからないことなど色々と教えてください。よろしくお願いいたします。sou君にもよろしくお伝えくださいませ。
Posted by クマオヤジ at 2010年03月09日 16:28
クマオヤジさんコメントありがとうございます。
J3をお使いですか、少年用では少し大きめですが、中学軟式だとちょうどよい大きさかもしれませんね。
いずれにしても、気に入った道具で思い切りプレーするというのが大切なことだと思います。
逆シングルの是非については、いろいろあると思いますが、ボールに対する執着心があれば自然と身に付くと思います。
難しいノックより、イージーなゴロ捕り中心で徹底的に自分の捕球スタイルを磨き上げることが大事だと思います。
これからもよろしくお願いします。
Posted by アンバサダー at 2010年03月09日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック