2018年07月10日

チームのみんなへ

なぜ、練習で取り組む姿勢だとか、気持ちの話をすると思う?

それは、試合に勝つために気持ちが必要だ!なんてことを言うつもりはない。
本当に必要なものは、体力であり、技術である。

手を抜かずにしっかりやることで、初めて本当の体力や技術が身につく。
苦しい中で、厳しい姿勢を持ち続けることで、本当に苦しく厳しい試合の中で
練習通りのことが出来るようになる。

このように、練習の中では
まず、取り組む姿勢(心)からはじまり
次に、練習を長く続ける為に必要な体力を養い
正しい姿勢を繰り返し続けることで、技術を体で覚える

試合の中では
技術と体力を生かして、相手に勝利することを目的としている。
だから、その技術を生かす為には、メンタル的には余裕を持ち
リラックスした姿勢で望まなければならない。

万一、なかなか思うように流れを掴むことが出来ず
追い込まれてしまうことも有るだろう。

その時に、あきらめ流されてしまうのか?
流れを切り替える事ができるのか?

どちらもあるだろう。

しかし、あきらめた先には、何も得るものは無いはずだ。

だからこそ、練習の中で、流れを切り替える
自分で自分を修正する能力を身につける必要があるのだ。
実は、がむしゃらに練習するだけでは修正能力は身につかない。

まだまだ中学生で、野球の入り口に立っているに過ぎない。
だからこそ、自分でいちばん大事な意識はなにか?
自分の中の基本ってなにだ?
それを、練習の中から築き上げることだ。

成長していけば、その自分の中の基本は進化することだろう。
人間は、一度にいくつも多くのことを考えて実践することなど出来ない。
だから、考えなくても出来るレベルまで、基礎をやり続け、やり抜くことが大事なんだ。

そういう意識を持つことが出来れば
それこそが、かけがえのない自分の宝として
自分の武器として、いろんなことを貪欲に吸収することが出来るようになるだろう。


野球には、裏技も必殺技もありはしない。
特殊な練習方法なんてものも有るわけがない。
「たった一つ、誰よりもうまくなりたい」
その入り口に立つ、基本の心構えとして
「野球ってめちゃくちゃオモロイやんけ!」

その思いが、あるからこそ
熱くても、辛くても、続けることが出来るんだ。

今は、指導者だが
「選手が成長する姿を見るのは、めちゃくちゃオモロイやんけ!」
これが、私の原点だ。
posted by アンバサダー at 09:59| Comment(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする