2018年07月31日

指導に対する覚書

最近、あまり指導内容的な記事載せてませんでしたが

もう一度、自分の頭の中を整理する意味で、書くことにします。

<基本的な考え方>
守備もバッティングもピッチングも、基本的にはプロに到達するレベルを目的とする。
だからこそ、基本的な動作のメカニックを重要視し、骨盤の角度、股関節の動作、肩甲骨の使いこなし、胸郭の柔軟性を体の準備を土台とする。

正しい、スクワットとランジへの移行。
真っ直ぐにたった姿勢
両手の挙上のストリームライン

これらが、チェックポイントとなる。

技術とは、自分の体を思い通りに動かす能力を身につけること。

センスとは、自分の体を思い通りに動かすために必要な、バランス感覚。

この、両方は補完関係にあり、やればやるほど磨かれるものである。

<ストレッチについて>
動的なストレッチを重視。
静的なストレッチは、日頃のケアには重要な要素を占めるが
プレーする当日は、ダイナミックストレッチが最も有用
静的ストレッチは、疲労回復の為に、自主的に練習中
開脚、股割り等、腰回り股関節周りを行うと良い。
オスグット系の持病を持つ選手は、もも前を伸ばす静的ストレッチは
適宜行うこと。
特に、股割りは骨盤を立てる為に必須動作の為
時間を見つけて、軽く行うことは有用である。

<トレーニングについて>
中学生なので、筋力等パワーアップ系のトレーニングは一切なし。
自重を使用した、腕立て伏せにバリエーションをもたせ
肩、肩甲骨、肘周りなどの強化を図る

腹筋、背筋などは、プランク系で行い、背筋を伸ばした状態での強化を基本とする。

腰回りの故障の予防のために、ドローインを推奨する。

<ランニング>
遅筋ではなく、速筋を鍛えるべく、長時間のランニングは基本的には冬場のアップのみとする。
その際、300g〜500gのウェイトを持ち、肩周りのインナーを同時に強化する。

走り込みは、インターバル走とする。
タイム設定はあえてせず、基本的には
動作時間=休憩時間
とする。
タイム設定を行わない理由として、走り込みに対する取り組みが
練習に対する取り組む姿勢が現れるため、選手を観察するよい機会となる。
いずれにしても、ゆっくり走れば休憩時間短くなるので、ある程度の強制力は確保する。

循環器系の成長を差を考え練習強度は、一定ではなく
厳しくしたり、ゆるくしたりすることで、過度な負担を避けるが
基本、中間よりもやや上のグループに練習強度を設定。
よって、下位の者は耐えられなくなるが、スピード及び本数を
緩和することにより、倒れないように工夫する。

中学生時代に循環器系を鍛えることで、体の酸素濃度を高めることが出来れば
高校で厳しい練習についていけるようになり、筋肉の成長の土台を作る。
よって、インターバル走は非常に有用なトレーニングであり
速筋を鍛え、循環器系を鍛える事が出来る。
夏場は、熱中症のおそれが高く、この練習は基本やらないほうが良い。
posted by アンバサダー at 14:20| Comment(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

ついに、甲子園に応援に行ける!

益田東優勝.JPG

souの後輩たちは、何度も直前まですすみました。
9回裏2アウトまでリードして迎えた事もありましたが
エラーからの逆転負け・・・
秋に優勝し、第一シードで迎えた夏には、決勝で惜敗・・・

souが在籍していたときも、扉が何度も開きかけては、閉じる。

そんな、見えているけど届かない。

くじ運なんて関係ない、目の前の相手を撃破するだけ
それを5回繰り返す。
そういうシンプルな野球を今年の後輩は見せてくれました。

優勝候補を次々と撃破しての優勝だけに
まさしく、県の代表校として胸を張って出場してくれることでしょう

souも応援に行き、勝利の瞬間は感慨深いものがあったようです。

アルプススタンドで、souの母校の校歌を聴くのが今から楽しみです。
問題は、souの予定と甲子園の日程が合うかどうかだけですね。
posted by アンバサダー at 07:41| Comment(0) | 高校編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

成長するその瞬間を見た!

この3連休、久しぶりに3日ともグランドに立ち選手たちと野球を楽しみました。
暑い3日間でしたので、体力的に厳しかった選手もいましたし、成長を感じさせてくれた選手もいます。
何よりも、この前の記事に書いた。

選手が成長する姿を見るのは、めちゃめちゃオモロイやんけ!

を、まんま感じさせてくれた選手がいたことは、中学生野球の醍醐味。
もっというと、軟式ではなく、硬式であるからこその醍醐味。
といえるでしょう。

体が細い選手が、力強くなり殻を突き破る瞬間に立ち会えたこと。

この日も、忘れられない日となるように感じました。
posted by アンバサダー at 07:46| Comment(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

チームのみんなへ

なぜ、練習で取り組む姿勢だとか、気持ちの話をすると思う?

それは、試合に勝つために気持ちが必要だ!なんてことを言うつもりはない。
本当に必要なものは、体力であり、技術である。

手を抜かずにしっかりやることで、初めて本当の体力や技術が身につく。
苦しい中で、厳しい姿勢を持ち続けることで、本当に苦しく厳しい試合の中で
練習通りのことが出来るようになる。

このように、練習の中では
まず、取り組む姿勢(心)からはじまり
次に、練習を長く続ける為に必要な体力を養い
正しい姿勢を繰り返し続けることで、技術を体で覚える

試合の中では
技術と体力を生かして、相手に勝利することを目的としている。
だから、その技術を生かす為には、メンタル的には余裕を持ち
リラックスした姿勢で望まなければならない。

万一、なかなか思うように流れを掴むことが出来ず
追い込まれてしまうことも有るだろう。

その時に、あきらめ流されてしまうのか?
流れを切り替える事ができるのか?

どちらもあるだろう。

しかし、あきらめた先には、何も得るものは無いはずだ。

だからこそ、練習の中で、流れを切り替える
自分で自分を修正する能力を身につける必要があるのだ。
実は、がむしゃらに練習するだけでは修正能力は身につかない。

まだまだ中学生で、野球の入り口に立っているに過ぎない。
だからこそ、自分でいちばん大事な意識はなにか?
自分の中の基本ってなにだ?
それを、練習の中から築き上げることだ。

成長していけば、その自分の中の基本は進化することだろう。
人間は、一度にいくつも多くのことを考えて実践することなど出来ない。
だから、考えなくても出来るレベルまで、基礎をやり続け、やり抜くことが大事なんだ。

そういう意識を持つことが出来れば
それこそが、かけがえのない自分の宝として
自分の武器として、いろんなことを貪欲に吸収することが出来るようになるだろう。


野球には、裏技も必殺技もありはしない。
特殊な練習方法なんてものも有るわけがない。
「たった一つ、誰よりもうまくなりたい」
その入り口に立つ、基本の心構えとして
「野球ってめちゃくちゃオモロイやんけ!」

その思いが、あるからこそ
熱くても、辛くても、続けることが出来るんだ。

今は、指導者だが
「選手が成長する姿を見るのは、めちゃくちゃオモロイやんけ!」
これが、私の原点だ。
posted by アンバサダー at 09:59| Comment(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする