2017年06月22日

ちょっと息抜き

ゆり.JPG

あじさい.JPG
娘がバイクに乗りたいと言うので、会社休んで後ろに乗っけて花を見に行ってきました。
平日なので、余暇の十分ある世代のご夫婦が三脚を立ててカメラを構えていました。
私も、もう10年選手になりますが、1眼レフありますし、マクロレンズも、超広角ももってます。
ですが、気楽に使えるコンパクトなデジカメとしてRX100買いましたので、使わない手はない。
ということで、撮ってきました。
屋外だと、背面の液晶画面だけではフォーカスのチェックやボケ具合なんてわかりませんから、本当に適当に撮影しただけ。
アングルもこんなもんかな〜なんて撮りました。
パソコンの画面で確認して、ちょっとびっくりしました。
なかなか見れるじゃないの。
ピンを合わせたい部分を指定するのも簡単ですし、バイクや自転車でのお供にぴったりですね。
真っ赤.JPG
posted by アンバサダー at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

よくがんばりました

kinnkitaikai.JPG
娘の体操の応援に行ってきました。
初めての上部大会、全国優勝クラスの選手が出場する大会ですから
娘の応援だけでなく、他校の選手の演技を見るのも楽しみの一つ。
実際、目のあたりにするとその浮遊感、スピード。すごいものがありました。
特に男子の演技の凄さは言うまでもないのですが、女子でも宙返りの高さは目をみはるものがありました。
もちろん、娘は体操には幼い頃から親しんではいましたが
競技者としては、まだ1年強の未熟者ですので
参加することに意義がある。というレベルですから、ガンバレ!
というより、楽しんでこい。と、家を送り出しました。

演技は、平均台→ゆか→跳馬→段違い平行棒の順のローテ、
練習は苦手な平均台からであったので、落ちまくり。
まぁ、バランス感覚もまだアップ出来ていない状態だったんでしょうが
緊張もあったんだと思います。

県大会では、結果を欲しがって、娘らしい伸び伸びとした演技が出来ていなかったように見えましたが、この大会では、技の完成度も高くなっていましたし、跳馬では難易度の高い技にチャレンジし、県大会よりもスコアを伸ばすことも出来ました。

よく楽しめていたと思います。
posted by アンバサダー at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘もいます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

ひとりごと

胴体のひねりを使って投げることのできる投手が疲れてくる
もしくは、腰に何らかの疲労を感じる
そうなると、そのひねり量が少なくなる。
もしくは、タメを作りきれない状態になります。

上半身に着目すれば、トップを作ることが早くなったり
力を入れるタイミングが早くなったりします。

そういう状況になると、大抵の場合、ボールが高めに浮きますが
変化球は、それほど影響を受けません。

突然制球が定まらず、高めに浮くパターンの一つです。

こういう時に、目に見える上半身ばかりを指摘すると、ドンドン悪化していきます。

治す方法はたったひとつ。

タイムを取って間を挟むこと。

単純に言えば、休憩を与えます。
そして、浮くストレートを見せ玉に
カウントの取れる変化球を中心に変更します。

これで、イニングをなんとかクリアすれば
次は、またいつもの配球に戻します。

これ以外にも、ステップ幅変えるとか、プレートの踏む位置変えるとか
色々修正方法あるんですけど、これを教えるのは非常に難しい。
普段から、いろいろな投げ方練習していれば良いんですけど
殆どの場合、自分の投げ方にこだわって
調子がいい、調子が悪い
だけの判断で終わってしまいますからね。
ブルペンの球数が少ないとなおさらです。
投げ込まない弊害がそういう所に実はあったりするんですよね。

練習で大事なのは、調子が悪い時にどうやって立ち直るか?
という方法をつかむことなんですけどね。
posted by アンバサダー at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ピッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする