2013年01月31日

時間がほしい

この春は、末娘が中学生になります。
これで、小学生がいなくなるわけですが、末っ子だけあって、まだまだ幼い感じが抜け切れません。
ここ最近は、厳しくと言うか、もっと心構えをしっかりしなさい。
と、妻の病院に一緒に行く度に、説教というか注意をしています。

家に、妻がいない中、よく頑張ってくれているとは思いますが、中学時代というものは、とても大事な時期なんで、しっかりと学校生活を楽しんで貰いたいと思っています。

最近のご家庭では、あまり学校の校則に従わいケースが多いように、私の目に写ってしまいますが、我が家庭では一切許しません。

例えば髪型とか、女子ならスカートの丈とか、些細な事ではありますが、その些細な事ではありますが、きっちりとルールを守ることが重要だと考えています。

もちろん、反発もあるでしょう。
その、反発が、大事だと私は考えています。
自分でいろいろ考えて、感じてほしい。
でも、ルールはきっちり守る。

「周りに流される」

ということが、私は最も嫌います。
自分の意思で、考えそれでどう行動するか。
そして、自分のとった行動に責任を持つ。
その覚悟を持つ。

ということが、日常生活のなかで培って欲しいと願っています。

野球の場合は、周りに流されるのではなく
ケースバイケースで、周りに当てはめていく。
ということが、要求されることがありますが、
それを出来るようにするためには、

周りを観察して見ぬく能力

というものが必要になってきます。
そのための準備は、練習の中から考える。
他のプレーを見ている時から考える。

そういう習慣によってしか身に付けることができません。

教えたから出来るのではなく
自分で考えたから、教えたことがきっかけで気づく

という事であることは、日常の習慣だと思うのです。

押し付けるのではない。
ルールにもその根源があり、理由がある。

その事を履き違えてしまうと、同じ事をやっても全く意味が変わってしまいます。

もっと、もっと、娘たちにたくさん質問をしたい。
時間が足りないな〜
posted by アンバサダー at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘もいます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする