2012年02月21日

数字にもでてくるね

選手の成績を整理していると、面白いところが数字にもでてきます。長打力と言うものは、みんなが見たとおりのイメージどおりの結果になっていて、全く面白くもなんとも無いんですが、出塁率が面白い。意外な選手がトップにいます。控え選手なので、規定打席には到達しておらず、参考記録ではありますが、4割5部以上の出塁率は、素晴らしい数字です。

その選手は、体の線も細く、まだまだこれから成長して行く選手のひとりだと思いますが、いつもベンチからいい声を出しています。
アップの時でも、元気に声を出していますし、私としては、そう言う選手が、ここ一番で仕事をしてくれれば好いなと。思ってみています。
決して上手い選手でも無いですし、我武者羅な選手とも言えません。
でも、元気だけはあるんです。
対照的なのは、期待されながらも結果の出せていない選手たち。
秋以降、競争して誰が伸びてくるんだろう?
と、楽しみに見ていたんですが、何人か乗り遅れつつある選手が出てきています。

私の仕事は、そう言う選手をどうやって導くかを考えること。メンタル面にウィークポイントの有る選手も居れば、テクニック的に弱点を持っている選手もいる。体さえ成長すればという選手もいますので、個々に、声を掛けて行くしかないですね。

土曜日の練習で、何かきっかけを掴んでくれれば好いんですが。
posted by アンバサダー at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする