2012年01月31日

形なのか?気持ちの準備なのか?

日曜日、チームに体験練習に6年生が来ました。
午前中の半日、私が面倒みたんですが、6年生に教えるのは結構楽しかったです。
というのも、やはり新しいことにチャレンジしようと意識有る子供たちは、積極的にアドバイスに耳を傾けますし、教えて上げることが新鮮に感じるようで、眼の色が違います。
もちろん、今いる選手たちも、アドバイスに対してしっかりと聞いてくれるようになって来ました。
正直、今年に入ってからの意識は少し変わりつつあるかなと、チーム練習を見ていても感じます。

その中でも、我チームのいいところである、選手同士が仲良く、楽しく競いあう雰囲気も残っています。
ちょっとずつですが、メリハリのついた練習ができつつあるかな。
いい現場の雰囲気になりつつ有るなと。実感しているところです。

6年生に限らず、指導する際、まず形を教えるところから入るケースが多いのですが、実は私の場合は、形は結果と考えており、チェックポイントにはなりますので、形も教えます。
しかし、一番重要視しているのは、プレーに入る前の準備のコツを教えたい。
そう考えています。
どうすれば、その形が身につくのか?
試行錯誤し、自ら答えを導き出す。

私の世代でも、そう言う感じでした。
できない奴は淘汰される。競争も激しく、細かい指導なんてありえず、見て盗むしか有りませんでした。

でも、今の選手達をみると、差が激しくなって来ています。
できる選手は、形を教えれば、どんどん吸収していきます。
しかし、不器用な選手は、形だけを言えば崩れるだけで、悩みが増すばかり。

結局、指導するにもひとつのやり方だけではダメなんですね。
技術を噛み砕いて説明しなければ、伝わらない。
でも、自ら得た技術でないから応用がきかない。
教えすぎる弊害もありますから、いくら即効性のあるアドバイスをしても、身につかなければ意味が無い。

指導には、見守る時間と、声をかけるタイミング。
これが、本当に重要なのだなと、つくづく実感しています。

souは、幸い目で見て盗む能力があったおかげで、今まで来ました。
中学から教えることはないだろうと思い、入ったボーイズでしたが、結局は私のやり方が偶然チームの方針と合致し、お手伝いする様になりました。
高校に行けば、さすがにもう教えることは無いと思います。
原点に戻ることは、何時までもあると思いますが、それはもう教えることではなく、自ら復習をする。自らチェックする。
それができなくては、その先の野球はありませんから。

6年生に指導し、私も指導の原点に戻ることが出来ました。
同じように、私のスタイルで、今までにないエッセンスを注入し、明るく元気な子供たちを高校に送り出せるように、したいと思います。
posted by アンバサダー at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

たたかえ!

今日は、ろう学校のマラソン大会の日です。
1学年下に強力なライバルがいますので、受験勉強で体の訛ったsouの勝ち目は薄いと思いますが、最後のろう学校でのマラソン大会です。
少しぐらいは意地を見せて全力を出し尽くしてくれると思います。

学校生活も残るところあと1ヶ月ほど。
寮に入るまであと2ヶ月ほどしかありませんから、一日一日を大事にして過ごして欲しいものです。

souが妻に会えるのもあと2ヶ月しかないわけですからね。
3年後も妻が生きている保証は何処にもない。
ですが、妻は、souが甲子園に出場する事を夢見て、寮生活をするsouを別途の上から応援しています。
もし、souの夢がかなったなら、その時は、なんとか妻を連れ出し、開会式、試合の観戦に連れていきます。
その夢は、souだけでなく、妻の夢でもあります。
souの夢は、自らの努力でなんとか実現するしか有りませんが
妻の夢は、毎日をなんとか迎え続ける事を繰り返すことしか有りません。
妻の体の状態が本当にどうなっているのか、毎日見ている私にも分からない所がありますが、下り坂を少しでも緩くする為に出来ることは何か?
それは、生きる希望を与え続けることだと。
隣で、私が笑ってあげることだと。
前を向いて、進み続けることだと。
決して、妻の時間は止まっているわけではなく、一緒に進んでいるんだと、感じてもらうことだと思っています。

今でも、妻の所で涙を見せてしまうことがあります。
私が、乗り越えなければならない事はまだたくさんあります。
それをしなければ、妻も乗り越えられない。

家族一丸となって、それぞれのステージで闘っています。
以前、妻に、闘えと言った。

私も、闘わなければ。
posted by アンバサダー at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

進路決定!

合格しました。
あとは、手続きを滞り無く進めるだけです。

野球だけじゃなく、勉強の方もしっかりと準備していかなければなりません。

遂にsouは、野球道の第3ステージの入り口に立つことが出来ました。
野球を通じて人生勉強。

よく聞く言葉ですが、まさか、本当にsouがろう学校を巣立ち、一般社会に飛び込む日がこんなに早く訪れるなんて、夢にも思いませんでした。

しかし、まだまだ未熟なsouです。たくさん見えない所で支えて行ってあげなければなりません。

先日、翻意にしてるバッティングセンターに顔を出した時、オーナーの方と話し込んだのですが、その時の話は非常にいい勉強になりました。
幾つか上げると
・質のよいタンパク質を中学生の間にしっかりと摂りなさい
・今の子供は、精神年齢が低く、もっと長い目で見て育てて上げなさい。
・寮生活の中では、いろんな諍いがあり、性根の悪い子もいる。だから、時折顔を出し、厳しい姿勢を見せることが大事です。
・人の悪口は言ってはいけない。
と、簡単に書くとこんなことを言っておられました。
実際には、もう少し細かく突っ込んだ話がありましたし、出会った縁を大事にする人には、必ずいいことがありますよ。
という事も言われました。

今は、とにかく私も、目の前の事をこなすだけで精一杯で、余裕がありませんが、頂いた言葉を噛み締めながら、活かせる部分は活かしていきたいと思います。

チームのみんなにも、食育の面や体のケアの面でサポートしてあげたいと思っていますから、これからも勉強してみんなの役に立てるようになって行きたいと思っています。

souの進学する高校は、具体的な校名を書くと検索でいろいろヒットしますので、画像で載せます。
2つ高校が載っていますが、私学の方です。
地図.jpg
posted by アンバサダー at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

作り直し

試験も終わり、久しぶりに参加した練習。
二日間とも、フル参加しました。

久しぶりの土曜日の練習では、久しぶりにボールを投げて楽しかったというコメント。
日曜日は、私は娘のダンス発表会があったので行けませんでしたが、楽しみながら練習できたようです。

かなり体が鈍っているとは思いますが、再び体づくりをしながら、基本動作の徹底を練習して、次のステージに向けて準備して欲しいと思います。

といいながら、まだ合格発表が出ていないので、また勉強し直さなければならないかもしれませんがね。
posted by アンバサダー at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

一区切り

17日になんとか、無事に高校入試が終わりました。
これで一区切りついたのは間違い無いですし、souとしても、開放感を感じているようです。

でも、親である私としては、これからのほうがもっと大変で、今、安穏としていては、入ってからの厳しさやギャップに苦しむことは明白です。
souには悪いですが、まだまだ私も、甘い顔をしているわけには行きません。

ということで、souがスキーに行きたい!
という話がありましたが、即刻却下しました。
しかし、今後のsouの生活態度や、行動によっては行くことになるでしょう。しかし、家族でだけれど。
souは、ろう学校の友達と行きたいようです。
たしかに、大事な友だちです。
しかし、souにとってもっと大事な事があります。
それは、考える事です。

やりたい。ほしい。

これからもいろいろな欲求が有ると思いますが、今までは、全て私に聞いて、良否を判断してきていました。

しかし、これからは、自分で考えて行動して、そのリスクを負う必要があります。

その為には、色々と考えてもらうキッカケが必要です。
souと一緒にいれる約2ヶ月強の間に、私から出来ることは、思い出作りでも何でもなく、souが一人前の男になるために、色々と考える機会を作り、見守っていくことなんです。
posted by アンバサダー at 08:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

ひさびさの喝

いよいよ明日です。

日曜日は、スタッドレスに履き替え、プラグ交換もして車の整備もしました。
後は私が、安全運転で行くだけです。

souの方は、絵馬を書いて合格祈願。
いっちょ前に、受験生気分を味わっています。

タイトルは、souのことではなく、チームでの出来事。

チームの方は、冬練習から大会を見据えた練習に徐々にシフト中。
土曜日、バッティングの指導をした際、他のコーチは上半身の使い方を指導することが多いので、天邪鬼な私は下半身の指導に終始しました。
特に、軸足の立ち方と向き。
私は、どんな競技でも真っ先に見るのは、足の使い方を見ます。
膝の角度や足の付き方を見れば、大体どういうイメージで体を動かそうとしているのかが、想像できます。

文章で簡潔に説明できないのですが、私のイメージをあえて書くと
かかと体重でもダメですし、つま先体重でもダメ。
足の裏全体で地面を捕まえるイメージなんですが、膝が外に割れないように内側に絞り込む感覚。
すると、結果的に拇指球の当たりで地面を捉える感触。
地面を押すのではなく、地面に乗る感覚。
スキーで言えば、外足の荷重の使い方によく似ています。

朝のダッシュで、ジャンプして着地してからダッシュするメニューを取り入れているんですが、地面に体重を載せる感覚をみにつけてもらいたいから取り入れています。
その事を、毎回説明しているわけではないのですが、そろそろまた説明してあげる必要がありそうです。

久しぶりに、土曜日の練習では、選手に対して喝を入れました。
その内容は、アップのダラダラ感が許せない雰囲気であったカラなんですが、次は、内容の部分で喝を入れる必要があるかもしれません。

いくら走りこんでも、膝から下の使い方が悪ければ、全く生かせませんからね。
小さい選手たちには、特に、今のうちから体をうまく使いこなす工夫をどんどんやって行けば、体力の工場と共に、一気に成長できますからね。
posted by アンバサダー at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

久しぶりのキャッチボール

今朝は結構さむかったですね。
souも入試まで、5日となりましたのでラストスパートです!
って、本当に勉強しているのか、その勉強が受験に役だっているのか、本当によくわかりませんが、とりあえず、souなりに頑張っているようです。

この前の3連休は、チームの練習には行かなかったsouですが、月曜日の午前中は、少年野球のチームに顔を出していたようです。
6年生の頃バッテリーを組んでいた選手とキャッチボールをしに行ったようです。
中学では、シニアとボーイズにわかれたため、残念ながら対戦することは練習試合を含め有りませんでしたが、お互い高校でも野球を続けますので、まだまだ対戦できる可能性もありますし、ひょっとしたら、大学で再びチームメイトになる可能性だってあります。

キャッチボールでは、お互いの持ち味を確認しあったようで、楽しい時間を過ごせたようです。
小学生とも少し軟球であそんであげたようですが、ゴムマリのように弾むボールに戸惑い、硬球のほうが楽やなぁ。と言っておりました。

何とか今のところ、受験日の天気が雪になっていないので安心ですが、私もsouも体調を崩さないように注意が必要ですね。
posted by アンバサダー at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

今年のスタートは、捕球練習から

この3日間は結構疲れましたが
選手にとっては、基礎的な守備練習に終始した内容になりましたので、それなりに身になったのではないかなと感じます。
原点に戻るぐらいの徹底した練習内容でしたので、手投げのフライ捕球からやり直すぐらいの、徹底ぶり。
ただ、外野手のゴロ捕球は左足前か、右足前かで意見が別れましたが、どちらも出来る方が、体の使いこなしを良くするという目的において、左足前でこの週末は練習させました。
監督の捕球に対する意識は、私の考える捕球の意識と非常に似通っており、捕ってから早く投げることをかなり強調します。
その為には、捕球から送球までの動作を一連の流れで行う為に、リズムよく捕球する練習に終始しました。

また、捕球の前には、必ず間が存在しますが、その間が長い選手や短すぎる選手がいます。
間が長すぎる選手は、イレギュラーに弱く。
間が短すぎる選手は、何でもないゴロをファンブルしやすくなります。
グラブを差し出す向きや角度なども、これまであまりチームの中で言うことは有りませんでしたが、この練習の中で時折細かく指示を入れたりしていました。

結局捕球練習も、基本動作に限りなく近い練習の量が不足しているというのが、私の印象なんですが年間を通じて大会も多く、どうしても基礎練習に近い事を出来る期間が、限られてしまうことが、ちょっと弊害としてあるのかな。
極端な事を言えば、チームの考える基礎的な捕球動作が出来ない選手は、ノックから外れろ。
というぐらいの事をやってもいいのでしょうが、現実的には厳しいですね。

安全面を考えるなら、やはりチームとして考える基礎を習得させることを徹底させていなかければ、行けないなと、最近感じていますので、新1年生が入ってくるときには、体力面と捕球技術この両面を徹底して磨き上げるような、そんな事を考えています。

まだ、どうなるかわかりませんけどね。
posted by アンバサダー at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

あらためて実感

souはまだ冬休みですが、私は昨日から仕事が始まってます。
ボーイズの新年の練習初めに、souは挨拶と安全祈願のみ参加。
練習せずに勉強しなきゃ〜〜といって、帰って行きました。

気がついたら、明日から3連休。またまた寒そうな気配・・・
走る練習中心になるのもあと1ヶ月ほどですが、けが人を出さない程度に厳しい練習って、考えるだけでも頭がいたいです。

自己管理に任せて、手を抜く奴はしっぺ返しを食う。
という仕組みのほうが、よっぽど楽なんですがね。
ボーイズの指導者である以上、自己管理のみに任せるのは、指導放棄に近いものがありますので、結局いつもと同じような感じにならざるを得ないんだろうな。

失敗を糧にして前に進む事を学び始める時期だと思うので、やはりメンタル面でのコーチングなくして、現場だけの指導では不十分なんだろうな。と、つくづく感じます。

でも、まだ、メンタル面でのコーチングが出来るほどの経験も知識も不足してますので、これからも勉強しなければなりませんね。
posted by アンバサダー at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

子供3人と、初日の出を見てきました。
CIMG1219.jpg

CIMG1211.jpg

ほんの一瞬、日が昇る時だけしか拝めませんでしたが、むしろその一瞬が美しく
なんとか、カメラに納めることが出来ました。

ごく普通に過ごせる一年であれば幸いです。
posted by アンバサダー at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする