2011年11月30日

初心に戻ろう

souが卒団してから、大体1ヶ月が過ぎました。
それまで、保護者の立場で見続けていた事と、コーチになって見ることは、やはり違って見えます。

監督や各コーチの考え方や指導方法などもある程度理解していますので、私のアドバイスも自分なりの言葉とは言え、方向性は合わせるようにしています。
ただ、これまで声をかけずにずーっと見ているだけでしたので、何から声をかければ良いのか、ちょっと戸惑ってしまう時がありますね。

例えば、フリーバッティングや練習試合の中でのバッティングは、目的も明確ですし結果が見えるのでアドバイスもしやすいのですが、ティーバッティングなどでは、ドリル練習的な内容もあったりするため、何を意識しながら練習をしているのかを確認しなければ、アドバイスしにくい面があります。

もちろん、今までさんざん見ていますから、各個人の個性や弱い部分も把握しているんですが、
「知っててできない」
「まだ、よく理解出来ない」
では、全く状況が違ってきますからね。

また、あまりいじくり倒すよりも、練習内容を工夫して体に刺激を取り入れていく。というやり方を意識していますので、
脇が甘いとか、下半身の使い方が悪いとか、そんな部分的なポイントを直接修正しようとは思っていません。

実際、1年生で、体重移動のイメージが間違っていると感じる選手がいるんですが、「軸足に体重を残せ」というと、逆に残しすぎてしまって変なスイングになってしまう事もあります。

ここ最近気づいたんですが、野球でよく言われる
「割れ」の動きは、意外と難しい動きのようです。

いわゆる間が悪い選手は、この割れの動作が苦手なようです。

自分が自然に出来ていることを改めて分解して、動作のキッカケや言葉のキッカケを上手く見つけれれるように、自分も鍛え直そうと思っています。
posted by アンバサダー at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

いよいよ

今週の金曜日に、高校から野球部長と監督が、学校に訪問されることになっています。
受験の手続きの為にやってくるのですが、こうして学校に訪問されてそれから決まるということで、預ける身としては、安心感があります。
実は、souは関東の学校にも行く可能性があったのですが、正直、チームとして初めての選手としていくことに不安を感じ、断った経緯があります。

知っている学校であっても、知っている土地であっても不安であることには代わりはないですからね。
souが自分で描く将来像は、高校から大学に行きプロを目指す事のようですが、大学に行くことの出来る学力が身につくかどうかが一番の不安材料のようです。

学校の先生は、souには目標があるので、自主的に頑張っていますよ。という話を、この前の懇談会で聞きました。

souがろう学校のみんなを引っ張っているという話も聞きましたが、高校になったら、180度違う生活になるので、souはどの様に育っていくんだろう。
posted by アンバサダー at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

頭が痛い

本当に寒くなってきて、冬装備が必要な時期になって来ましたね。
souからは、冬のアンダーシャツが小さい!
と、注文が付きました。
また買わなイカンのかと思うと、ちょっとゲンナリ・・・
ま、当然高校になっても必要になるだろうから、買うのは無駄にはならないんですが、勝手ばっかりの様な気がします。
あ、トレシューも買わないと、もうボロボロなんで、一緒に買うか・・・
考えただけでも、頭が痛いです。

昨日は、souと末娘の授業参観があり、souの方では懇談会もありました。

末娘は、恥ずかしがって自分で手を上げることが出来ませんでしたが、一応発言したのでまぁよし。

souの授業は、実例裁判を元に、世間の怖さの勉強。
ま、簡単にいえば、ろう者はだまされやすいので、注意しろということなんですがね。ろう学校ならではの、授業でした。

懇談会では、卒業式までのおおまかなイベントの予定の一覧があり、見ましたが、実質あと3ヶ月の学校生活となります。
先生が言うには、souも高校生活について心配しているのは、学校の授業の面。自覚があるなら、頑張って今からでも勉強の準備は怠らないようにしてほしいですね。

こっちの方も、考えてもしょうがないのですが、気にしだすと頭が痛くなりますね。
posted by アンバサダー at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

方向性

日本シリーズ終わりましたね
いちおうタイガースファンという形をとっていますが、基本的には野球ファンである私にとって、日本シリーズは、ある意味今のチームに置き換えて見ていました。
かっこ良く言えば、今のチームは、ドラゴンズタイプであり、決してホークスタイプではない。
souの学年は、どちらかと言うとホークスタイプだったので、とても楽しめる日本シリーズでした。
なんだかんだで、7戦目まで縺れ込みましたからね。
言い換えると、得点力が低いチームでも戦い方で強いチームを追い詰めることが出来るということ。

今のチームは、ドラゴンズタイプとは言うものの、得点力が低いという意味において、似ているという意味で、決して高い守備力を誇っているわけでも、盤石の投手陣を持っているわけではありません。
ただ、チームが完成した時の姿を想像すると、どちらかと言うとドラゴンズタイプかなと、いう印象なのです。

この冬場の練習の中で、体づくりも当然なんですが、ケースバッティングも徹底して行えたらいいなと、実感している所があります。
ケースバッティングだけでなく、走塁面。
この部分が弱いと、各駅停車の走塁と弱いバッティングでは、そつなく得点することなど遠い夢になってしまいますからね。

この前の土日は、監督とスケジュールがあいませんでしたが、明日の練習は一緒ですから、練習メニューについて話す機会が持てます。
おそらく似たような見解を持っているはずですが、スイングの強化は時間がとにかくかかりますから、ある程度即効性があり、野球の頭を鍛えるという意味で、シートバッティング系を増やして欲しいという提言はしてみたいと思います。
多分、3年生が多く来るでしょうから、ピッチャーが足りないということはないはずです。
練習の中から競争!という意味でもいいと思いますからね。
posted by アンバサダー at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

びっくりした

今週末は、中学時代の友人が妻の見舞い兼私を激励しに来てくれました。
おかげで、妻も結構笑ったりしてごきげんでした。
娘二人も、トランプして遊んでもらったりして、楽しんでいました。
ちょっと、末娘の方は調子に乗りすぎていましたけどね。
友人が前に来たときは、前の病院でしたので、結構時間がたっていますので、顔の表情とか良くなっていて、驚いていました。

野球の方は、土曜日にだけ行って、体育館練習。
先週、ふがいない負け方をして、監督から厳しく言われたはずなんですが、個人的にはちょっと残念すぎる一日でした。

昼からのバッティング練習を見ながら、指導すると言うよりひたすら観察させてもらいました。
正直、教えると言うよりも、決定的に振込み不足であることが明白な選手が多く、たくさん意思を持って振って振って振りまくって、それからアドバイスしないと、体が言うとおりに動かせないですから。

午前中に、前転、後転や側転させてみて、よく分かりました。
選手の体の使い方の今のレベルが。

何れにしても、冬場、たくさん走らせよう。

そう、心に誓った土曜日でした。
posted by アンバサダー at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

souの葛藤

ちょっと、最近souが元気がありません。
頑張っていた反動が有るんだろうとは思いますが、souにとっては、やはりろう学校の仲間たちと離れていくのはとても寂しいんだと思います。
ある意味では、家族以上に家族のような存在のろう学校の仲間たち。
1歳に満たないろからの付き合いのある仲間もいます。
souにとって、高校の進学はろう学校であればなんの苦労もなく進学できます。それを、高校野球をするというただひとつの目的だけで、とてつもないイバラの道を選んでいるわけです。
まだ、そのスタートラインに立つ権利をもっているだけで、踏み出したわけではありません。
いざ、そのスタートラインが近づいてくるに連れて、その道の険しさ、厳しさにようやく気づき始めたのだろうと思います。

12月になれば、進学予定の高校から先生と監督がやってきます。それは、進学の手続きを踏むために、ろう学校と調整する為です。

私にしてみれば、別に、souが高校野球をしなくても構いません。
しかし、もし、ここでsouが、にげ出してしまうようなことがあれば、多分一生後悔すると思います。

大人になってから、チャレンジするチャンスなんてそんなに有るわけではありません。
若いからこそチャレンジできる。
ましてや、好きな事、将来に繋がる可能性のある事。
そんな機会なんて、欲しくても得られるものではないのです。

でも、souには、精一杯悩んで苦しんでもらいたいと思います。
それには、暖かく見守りながら、souの事を支えてあげたいと思います。
本当なら、souは、きっと妻とたくさん話したいはずです。
苦しいことを打ち明け、話を聞いてもらいたいと、きっと思っていると思います。
posted by アンバサダー at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

体にはきをつけないとね

気がついたら、もう11月の半ばを過ぎているのですね。
本当に月日が経つのは早く感じます。
ようやく寒くなってきて、体調管理も難しくなってきます。
私が風邪をひくと、妻も困りますから、例年以上に気をつけて生活しなければなりませんね。

娘たちも、娘なりに頑張っているようですので、私としては見守るだけ。
自分のやりたいことだけでなく、やらなければならないことをしっかりやれるように、導いて行かなくてはなりませんからね。

今週末は、両親が地元に帰りますので、久しぶりの5人家族です。
でも、土曜日は指導者も少ないので、行かなければなりませんが日曜日は久しぶりに娘たちと楽しむつもりです。
とはいっても、私の友人が妻の見舞いに来てくれるので、あまり何も出来ないのですが・・・
posted by アンバサダー at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

行動で示せ!

土日共に、天気に恵まれ、大会と練習試合の予定を無事にこなすことが出来ました。
しかし、チームとしては、負けて勉強という結果になってしまったことは、非常に残念な結果となってしまいました。

試合展開は、序盤にミスから失点し、しかしワンチャンスで一気に追いつく展開。むしろ終盤はこちらのペースで合ったにも関わらず、試合をモノに出来なかった。

勝つ方法は当然合ったが、その方法を取らなかった理由は幾つもある。

ここで、1つだけ言えることがある。それは、
「選手はやってくれると期待していた」
と、表現出来るだろう。

しかし、結果負けたということは、ベンチは、
「選手の能力を引き出す言葉を掛けることが出来なかった。」
という事は、事実であっただろうと、受け止めている。

しかし、ベンチワークだけで頂点に立てるほど世の中甘くはない。
頂点を目指すには、まだまだ技術、体力共に不足している事は、もっと大きな事実なのだ。

監督が、練習で頑張らないものはチャンスを与えられない。

と、明言してくれたことが、この結果から得られた、最高の成果かもしれない。
選手たちに、自覚と覚悟を促す言葉を掛け、さすがに日曜日はそれなりの動きと働きを見せてくれたが、さて、来週はどうか。

非常に楽しみである。
posted by アンバサダー at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

普段の姿勢

月曜日souが39度の熱を出し、今日も学校を休んでいます。
卒団式が終了し、ほぼひと通りのイベントに区切りがついて、疲れが出ているのでしょう。
食欲も、戻りつつあるので明日当たりからは、大丈夫だとは思いますが、予期せぬ休養です。

さて、チームの方は週末に今年最後の大会があります。
再び調子を上げ、上位に食い込みたいところです。
手応えはありますし、私も久しぶりにベンチに入りますから、精一杯サポートしたいと思ってます。

私の頭の中では、すでにシーズンオフの練習メニューに何を取り込もうかを、ずーっと考えています。
まず、選手に渡す資料をと考えているのですが、原案はできており他の指導陣にチェックしてもらっているところです。

あまり大した内容ではないのですが、最低限取り組んで欲しい内容にしています。

チーム練習の中では、もう少し体の使い方のレベルをあげるべく、アップメニューの中に取り組みたい内容を盛り込もうと思っています。

とはいっても実は、今のアップメニューでもきっちりやれば、十分な内容ではあるんですが、きっちりできない選手が多く、何から取り組もうかなと、頭を悩ませているところなのです。

きっちり出来ない原因が
メンタル面(ヤル気)なのか、体の硬さや癖によるものなのか、ある程度わかっているのですが、やはり、全体的に、体の硬さや癖に根本原因が有るように思えてなりません。
その部分を改善するためには、日頃の心がけが重要であると考えています。とは言っても、多感な中学生。なかなか、自分を律して行うことは難しい。ですから、本当は、配布資料の中に、普段の生活から姿勢を正す事を入れる予定だったのですが、あえて省きました。
でも、やはり私の心の中では、姿勢を正す事の重要性を理解し、日頃から取り組んで欲しい。と願ってやみません。

真剣に取り組む意識が生まれた選手は、徐々に出来るようになるんだとわかっているんですが、その真剣に取り組む意識を生むための、キッカケは誰かが与えてあげる必要がある。そのキッカケが、何処に転がっているかわかりませんが、その事を考えて実践することが、指導者に求められていることであり、コーチングだと思っています。
中学の間に芽が出なくてもいいのですが、少なくとも正しい体の使い方をこれからは指導していこうと、まず私に出来る第一歩としてこの冬に取り組もうと考えています。

野球の細かな技術やテクニックは、プレーの中で自然に覚えていくもの。そのプレーを支える為に必要なことは、体の使いこなしです。
その部分では、必要な要素は誰もが共通です。
再び私の厳しい面が出てくるかもしれませんが、自分でもよくわかりません。
posted by アンバサダー at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

今日から第三章へ・・・

天気がどうか、心配だった日曜日
時折小雨がぱらつきましたが、なんとか無事に卒団式を終えることが出来ました。
卒団式には、ろう学校の先生も通訳として参加していただき、souもいろんな人の話を聞くことが出来ました。

壇上の最前列に、卒団生、次に母、父の順で並んでしましたが、ポッカリと妻の座る席が開いている。
本来、妻が受け取るはずだった花束は、私が受け取りました。
本当なら、もっと感動するはずだったと思いながらも、何処かさめた感覚が有りました。

卒団式終了後の最後の紅白戦は、後輩たちに花を持たせる形となりましたが、随所に、souらしいプレーを見せてくれました。

卒団式終了後、打ち上げ会までの僅かな時間に、souと二人で妻のところに行き、3人だけの卒団式を行いました。
souからは、「妻の作ってくれた弁当の味が忘れられない」と、感謝の気持ちを述べ、souから妻に花束を渡すことが出来ました。

本来なら、壇上で受け取るはずだった花束ですが、私と二人で一緒にベットの上で受け取りました。
その時、ようやく妻と二人でお互いよく頑張ったなと、無事にこの日を迎えることが出来た喜びを分かち合いました。

いつもなら、時間が短いと妻はちょっと、駄々をこねるように、甘えることがありますが、この日は、しっかりと見送ってくれました。

お互い、これからも力をあわせて頑張っていこう。
posted by アンバサダー at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

ちょっと一息

祝日だった昨日、souは3回目の模擬試験。
チーム練習には参加しませんでした。
私の方は、日頃家のことや妻のことを面倒見てくれている両親に、たまにはリフレッシュしてもらうために、紅葉を見に山の方に・・・
末娘は、予定が無いので一緒に行きましたが、中1の娘は、午後から部活があるので、お留守番。

なかなか家族で揃って活動できませんが、紅葉を見に行った時に見つけた店で仕入れた豆腐と葛切りを使って晩ご飯はみんなで鍋をつつきました。

やっぱりみんなでわいわい言いながら食事するのは楽しいですね。
私はいつも、子供たちが夕食している時間は妻の病院に行っていますからね・・・

だからといって、食事の時間を遅らせる訳にはいかないし、妻の所に行かないわけにもいかない。

チームに関しては、昨日の練習は、指導者が二人しかいなくて、申し訳ないなと思いながら休ませて頂きましたが、今、自主練メニューの配布用の資料を作成してます。
体づくり、体のケア、こういうところにも気を配って、サポートしていきたいと思ってます。

紅葉の方は、まだ色づき始めだったのと、小雨が振っていましたので、ちょっと残念でしたが、また行きたいと言っていましたので、楽しんでもらえたと思います。
posted by アンバサダー at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

観察中です

いろんなイベントが重なり、中々チーム練習や練習試合にも顔を出すことが出来ず、負けないまでも無得点が続いているチームの状況を、久しぶりに見ることが出来ました。
バッティング練習では、新たに購入した竹バットにて打ち込んでいましたが、バットの振りの鈍さが目に付く選手が多く、下半身を上手く使えていない選手と使えていない選手の違いが、明確にわかります。

やはり、素振りを行うには、偏った練習ではなく、重いバット、軽いバット、普通のバット、長いバット等、目的に応じて、使い分けて練習する必要がありそうですね。
個人的には、短い片手用のバット(65cm800g)を両手で振るというのも結構有りだと思っていますが、世間一般では片手用と刷り込まれているので、あまりやっている人は多くありません。
短いだけでなく、ヘッドが重いので、インサイドアウトのスイングが自然にできるので、ヘッドが下がりやすい選手にはいい練習なんですけどね。

土曜日の練習を見ていると、まだまだアップの時のダッシュが鋭く有りません。
目的意識が薄いなと、感じてしまいます。

今は、私は観察しているだけで、あまり厳しく言うことはしませんが、
ちょっと、何か工夫しなければならないなと、感じつつあります。

例えば、私が笛を吹きながら、統率とってやらせるのは簡単ですし、そうすれば綺麗に見えるでしょう。
しかし、やらされる野球。やらされるアップ。になってしまいますので、メンタル面でいいところは何一つないと、私は考えます。

自分からヤル気がにじみ出ているようなアップにしたいんです。

ただ、あんまりこっちがヤル気出し過ぎると、自然と厳しくなってしまうからな・・・
posted by アンバサダー at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

あとひとつ

先週の週末にはチーム練習に顔を出せなかったので、この週末は久しぶりに行ったような感覚になりましたが、sou達3年生は6人集結し、それなりにsouも楽しみながら練習が出来たようです。

souは、ブルペンに入ることは有りませんでしたが、シートバッティングに少しだけ登板。
練習時間の都合から、ちょうど1年生相手に投げることになってしまい、1年生にとっては、不幸な練習になってしまいました。
souが言うには、相当スピードを殺して投げていたそうですが、変化球は自然と腕を振ってしまいますので、むしろストレートと変化球の速度差が殆ど無く、1年生には全く予測がつかず、空振りすら出来ずゲージを後にする事になってしまいました。
監督が言うには、

「世間の厳しさを知るにはいい機会。」

と、言っていましたが、souのスライダーは、時折コーチが受けきれずに、脛に直撃するほどの変化をしますからね。
ちょっとかわいそうだったな。

ストレートも手を抜きながらも115km/hぐらい出ていましたね。
久しぶりに来た同級生が、souとキャッチボールすると、痛い!
と、嬉しそうに言っていました。

私が立てた、中学卒業までの最低目標である
120km/h以上
50m走 6.5秒
オーバーフェンス
の3つの内、2つまではクリア。
あとは、オーバーフェンスを練習でもいいから3月までに出来るかどうか。
最長距離ならなんとか90m超する力は付いて来ましたが、球場でスタンドインするには、100mぐらいの飛距離が欲しいですからね。

高校に行ったら、練習場のバックスクリーン126mをオーバーすることを目標になるでしょうから、なんとかクリアできるぐらい下半身の力をつけて欲しいですね。
posted by アンバサダー at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする