2011年05月30日

雨だったけど、最低限のことはできたかな。

結局二日間共に雨になってしまいましたので、大会は延期となってしまいました。
幸い、雨天練習場が有るため、ブルペン練習とマシン打撃は行うことが出来ました。
最低限の調整は出来たとは思います。

souにとっても、土曜日のブルペンで監督からもらったアドバイスを、家に帰ってから復習。
改めて、今までのピッチング練習でもらったアドバイスの整理を行い、まずひとつ重要なアドバイスを選定したりしました。

言葉だけでなく、アドバイスの意味と目的のレベルにまで落し込み、特にイメージして欲しかった体重移動のタメの部分を、体重計を使いながら説明しました。

この事で、souに今まで教えたアドバイスが一気に昇華して身について欲しいと期待しておりますが、どこまで理解してくれたかどうか。
ま、どうせまたすぐに忘れてしまうでしょうが。
日曜日の練習を見る限りでは、アップのキャッチボールの時にそれなりの意識が垣間見えていましたので、昨日のアドバイスの効果はあったように思いましたけどね。

バッティングの方は、ほとんど見ることが出来なかったので、なんとも言えませんが、少しずつグリップエンドの使い方が分かってきたようです。

souのバッティングでいいところは、何だかんだでバッターボックスで強く振れていることですから、その部分を殺さずに、新しいスイングをなじませて行きたい。
その為には、インハイを鋭く振る素振りを重要視させています。

あと、3週間。

間に合うかな?
posted by アンバサダー at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

込められた思い

もう買うつもりはなかったんですが、バットを購入してしまいました。
買ったバットは、竹バットで送料込みで3980とお買い得。
最近はネットでの買物もほとんどしていなかったんですが、400ポイントほど残っていましたので、3500円で920gの竹バットを購入できました。

本当は、自分で握ってバランスも含めて確認して買いたいのですが、そんな贅沢できるような店もあまりなく、第一竹バットその物にそんなに種類もない。

最近の家の素振りでは、900gの金属バットを振っているのですが、出来れば素振りではヘッドの重い竹バットを振ってもらいたい。というのがひとつの目的。

もうひとつは、監督のところでの練習で、そのバットをしっかりヘッドを利かして振れるかどうかの確認。

次に、チームでの練習で竹バットでフリーバッティングを行う。

バットの芯で捉えるための、トレーニングと
重いバットのヘッドを利かすスイングを身につける事が
今回のバット購入の目的です。

でも、これは表向きの理由。

ほんとうの理由は・・・

souに対する私なりの応援です。
今必要な練習をするために、必要なアイテムを購入すること。

それは、即ち、高校につながる技術を身につける為に必要なこと。
souに与えた課題をクリアするために、
私が出来ることを、やっただけです。

あとは、その思いにsouが気づき
その思いに応え、努力できるかどうか

以前なら、単に新しい道具買ってくれた。うれしい!

だったんでしょうが、今回の購入には、とても大きな思いが込められています。


ちょっと、記事の最後になるけど
MR君にも、そろそろ先につながる為のバットスイングのコツを少しづつ教えていかなきゃならんね。
バットを振るだけの力は付いてきているから、後はその力をうまく引き出す方法を、MR君のスイングの中に取り入れてもおうと思ってます。
posted by アンバサダー at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

新しい引き出し

選手権予選に向けたラストスパートが始まりました。
考えて見れば、久しぶりの平日練習。

妻が倒れていらい、朝練も無し。
夜に通っていた練習も今はなく、sou個人の自主的な素振りのみでここ半年過ごしてきました。

幸いバッティングにそれなりの波があるものの、コンスタントな成績を残していますが、私の目から見ても下半身の使い方やスイングの軌道には多くの不満点を持っていました。
かといって、練習ばかりさせるのではなく、不足している学力を補うために勉強も大事ですから、勉強に割く時間を考えると、自然と練習する時間も減っていますし、私が仕事や病院から帰ってきたときには、素振りが終わっていて、souのスイングをチェックする機会がない。
チームの練習においても、見る機会はあってもアドバイスする機会があるわけではない。

そういう状況で、souに関してここ半年は限りなくノータッチに近く、メンタリティの部分のアドバイスに終始している状態でした。

そういうわけで、souのバッティング練習自体、久しぶりにじっくり見ることが出来ました。
監督自らが球出しをし、アドバイスをする。
souのバットの軌道が、スイングスピードが変化してきました。

肘の使い方や軸の考え方は、監督との共通項が多いので、souも戸惑うことは有りませんが、昨日の練習で一つ新しいアドバイスというか、指導が入りました。

トップハンドの握りをフィンガーグリップにすることです。

この事により、左手の押しの意識を消し去り、手首を柔らかく使うことが出来ます。
グリップの使い方を替えるということは、相当な変更になるので今まであえて変えていませんでした。
ある意味リスキーではありますが、今以上を創り上げるための予習的な練習と考えれば、今まで使っていない神経を刺激し眠っている能力を呼び起こすきっかけになれば、新しい武器を手に入れる事にもつながりますし、souのバッティングにもう一つ引き出しが増えることにもなります。

天気次第ではありますが、久しぶりにsouと羽根打ちでもして、新しいスイングを創り上げる手助けをしますかね。
posted by アンバサダー at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | バッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

強くなるために

土曜日は好天に恵まれましたが、日曜日の予報は雨・・・
しかし、朝は微妙な天気だったんですが、遠征にGO!
やはり、少しでも調整できれば・・・
と言う思いが、チームにあり、張り切って遠征に行ってきました。

その熱意が通じたか、なんとか5イニング途中まで試合を行うことが出来、消化不良と言いつつも少しは手応えを感じることの出来る攻撃が出来ました。
ピッチャーは、イニング数的に二人しか投げることが出来ませんでしたが、それはやむ無し。
秋と春の背番号1が、お互いの持ち味を出しきれなかったのですが、何とか1失点。
攻撃では、初回の攻撃と4回での追加点の場面でタイムリーが出なかったのは、監督の消化不良の原因。
しかし、2回裏の先頭バッターのsouがライト線を深々と破る2ベースを放ち、(本球場なら3ベースコース)チャンスを作ると、7番が何故か2-3からセフティバントを試みるも、空振り。
危うくsouも飛び出してアウトになるところでした。
そんな、ちょっとした危ない流れを、souが断ち切ります。カウント0-1から相手の隙を付き、単独スチールを敢行。ランナーの見やすい左バッターの時だからこそ出来る単独スチール。
このプレーで流れを再び呼び戻すと、内野ゴロの間に、生還していやらしく先制。

4回表に、1点失い同点になりましたが、ノーアウトランナー2塁の状況で、souは送りバント。これが、スローイングミスにつながり、ランナーは一挙ホームを陥れます。
こうして、2回の得点機にからみ、ここ最近の好調さと積極性をアピールしていました。

日曜日の、このプレーには実は布石があります。

土曜日、練習の終了後に、souに告げました。

「今のままの、練習態度、生活習慣では、通常高校に進学して野球をすることは認めない。」

souは、当然のことながら食らいつきます。
しかし、今までは、やるやると言いながらやりきれなかった現実があります。もちろん、微々たる速度ではありますが、成長はしてきていましたが、今のままでは、間に合わない速度。

そこで、条件を出しました。
「選手権予選で優勝すれば、進学を許す。」

その為に、何が必要かわかるか?と聞くとsouは、

「たくさんヒットを打って、守って投げて」と、言うように自分のプレーの事を頑張る。と、答えました。

私は、

「それは違う。一人の力ではチームは勝てない。試合だけでなく、練習の時から、チームの監督は何を期待しているのかを観察し、周りの人が何を考えているのかを想像し、今、自分にできることを全力でやり遂げることだ。その行動が、影響を与え周りに伝わり、チームの考える方向が一つにまとまった時、初めてチームは強くなる」

と説明し、続けて

「だからこそ、普段の生活の中から、生活のリズムや態度を感謝の気持ちを持って礼儀正しく行うことが、心から滲み出るように出来なければ、他人の気持ちなど正しく読み取って行動することなど出来ない。」

と言う意味のことをsouに伝えました。

これまでも、同じようなことを何度も言いましたが、タイムリミットは1ヶ月。しかも、タイミングよく、監督が3年生全員を厚め、改めて、優勝する事を目標に取り組むことを強く説明していました。

対戦相手も決まりましたが、目標は優勝ですから、負けないことが目標です。
勝ちたい。ではなく、絶対に負けない事が目標です。
その為に、簡単にアウトにならない。
相手に簡単に塁を与えない。
この事が、テーマです。

スイッチの入ったsouが、日曜日に良いプレーをしたことはある意味、自然なことでした。すでに、souにはたくさんのアドバイスが頭の中に入っています。後は、それを引き出して自分で工夫し失敗を重ねながら自分の物にしていく事。

「残り1ヶ月、全部出せ!自分に出来ることを全部出せ!
俺は出来ると信じているから。」

と、最後に締めくくりました。
posted by アンバサダー at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

悩むなぁ

だんだん昼間は暖かくなってきていますが、早朝はまだひんやりとしていています。
でも、朝の気持ち良い空気はやはりいいもんですね。

今週末の日曜日は遠征の予定になっているのですが、天気が怪しいですね・・・
大会なら強行!と言いたいですが、遠征で雨はちょっと勘弁してもらいたいです。
今回のように、中途半端に50%の予報が一番困りますよね、文字通りギャンブルになってしまいますから・・・

夏のボーイズの戦いは、どちらかというと打撃戦という印象が強く有ります。それほど、暖かくなってくるとどんどんバットを振る力も付いてきますからね。
それに引き換え、ピッチャーは暑さとの戦いで集中力、スタミナが勝負になってきます。
souも、スピードは上がってきていますが、力でねじ伏せるようなレベルではありませんから、それよりも失投の怖さを感じて、制球力を意識してリラックスして腕を振れるようになれば、少なくとも今持っているスピードの範囲でボールのキレを引き出してくれると思うんですがね。

でも、先を見て考えると、スピードへのこだわりを持ってどんどん腕を振って投げてもらいたい。と言う思いもありますから、なんとも微妙な時期ですね、最終学年というものは。

実際、某強豪高校に進学したOBは、昨年夏の全国制覇チームのエースとチームメイトになっておりますが、立場が全く逆転してしまっているようです。
まぁ使い減りしていないということもあるのでしょうが、強豪チームの選手=好選手ということではないのだと、改めて、感じますね。
結局は、個人の能力の勝負にはなるのですが、チームの考え方に合う合わない。
これも重要な要素の一つですね。

そう考えたときに、souの進学。何度考えても頭が痛くなります・・・
なるようにしかならないのですがね。
posted by アンバサダー at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

調整週間

この週末は、修学旅行に行っている選手もいるため、練習試合のない週末でした。久しぶりに練習中心でしたが、主に行なったのがバッティング練習。
二日間とも、souは自分なりに満足のいくスイングと当たりを打つことができたようです。
唯一の実践練習として行ったシートバッティングでのピッチングでは、変化球がいいところに決まっていました。
ややストレートがボール一つか半分ぐらいぐらい甘い感じがしましたので、マダマダという感じです。
ただ、ストレートのスピードというかキレは良い感じになってきておりますので、もう少し力が抜けるともっとキレが出てくると思いますので、もう一息という感じですかね。

来週は、南の方に遠征です。その翌週はローカル大会での遠征がありますから、2週続けての遠征となります。
昨年ジュニア時代は、最終日に残った大会ですので、このゲンの良い大会をきっかけに、一気に上昇気流にのりたいですね。
ここ最近、打線は調子が上向きの兆しが出てきていますし、ピッチャーの調子もそれほど悪くはありませんが、2〜3失点は覚悟の状態で、まだまだ不安定です。
でも、その程度に計算できるだけの投手陣ですから、そつなく攻撃できるかどうか、先制点をいかに奪うことが出来るかどうか。

打順を含めた采配に依存するウェイトが大きくなってきていると感じます。

そういう意味で、来週と再来週の練習試合と大会はとても重要です。

遠征のため、妻の病院に行く時間が遅くなってしまいます。
しかし、souの夢のため、許してくれ。
時間は遅くなるが、必ず行くから。
posted by アンバサダー at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

もっと、他のこと、やれ

火曜日は、GWでの疲れを癒すべく三宅先生のところにメンテナンスしてもらいにいきました。
行く日の大体の活動は、
仕事は昼間でで切り上げ、会社で食事を取った後、妻の病院に行く。
役所に行ったり、平日にしか出来ない事や家の片付けや行く準備をする。
娘二人が帰って来たら、着替えさせて直ぐに車に乗って、souをろう学校に迎えに行って、乗せたらそのままインターに直行して三宅先生のところに向かう。

こんな感じです。

ろう学校に行く前に、souの携帯にメールして、少しでも時間をロスしないようにしています。
車を下駄箱から見えるところに止めて、souを呼びに行くと、souと担任の先生が車に向かってやってくる。
すると先生が
「いやぁ〜、souには教育的指導が入りました〜。しっかり注意しておきましたから、あまり厳しくしないで下さいね」

という、お話。

今度は、何をやらかしたんだと思うと同時に、先生から

「昨晩、眉毛を剃っていたと聞いてます」

と、追加の一言。

月曜日の夜と火曜日の朝は、子ども3人と私だけだったので、晩ご飯も朝御飯もてんやわんやしていたので、全くsouのことには気づきませんでした。

で、顔をよく見ると、確かに、剃ってる・・・


学校で以下に教育的指導を受けようが、本人が反省していようが、私なりの言葉を掛けなければ、親としての意味が無い。

車を運転しながら、souの車の中の様子を見て、あとでじっくりsouと話をしながらどういう言葉をかけようかと、考えておりました。

外向きには、笑って済ませられることであって、いい失敗をしてくれたと、思っておりますので、それほど怒りはないんですが、souに対しては、きっちり厳しく制裁しておきました。

社会的な常識。または、学校のルール。
逸脱するということは、心の乱れから来ること。
つまり、今野球が出来ていることに、感謝出来ていないということだと、souに説明しました。
野球をやりたいと言うのは簡単。しかし、行動に気持ちが現れなければ、高校はろう学校になるし、今週から練習にも行かなくても良い。
その事が嫌ならば、これからの行動で示せ。
と、結局言うことはいつもと一緒。

但し、今回のことは本当に簡単には許さんからな!
少しでも、気の緩みが見えるようなら、直ちにアウト!

今の処、まだ二日しかたっていませんが、頑張っている様子が見て取れます。

souは今までも、たくさんの失敗をベースに今まで頑張ってきました。
その中で、今回の失敗は、結構souにはこたえたようです。

昨日、妻にその話をしてあげたら、泣いて喜んでいました。

もっと、いいことで喜ばせてあげてくれ。souよ。
posted by アンバサダー at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

やっと上向いてきた

GWの間に、ローカル大会一つがありましたが、残念ながら初戦敗退。
攻撃のリズムを全く作ることが出来ず、攻めあぐんでいます。
souのバッティングの方は、1本はでるものの内容に乏しく、練習での鋭い当たりを試合に活かすことが出来ていません。
あせり、気負い。色々あるのだろうと思いますが、練習を積み重ねて、試合には無心で取り組んで欲しいと思っています。
GW中には、練習試合もありましたが、チームとしては序盤は散々な結果。最終日にようやく打線が息を吹き返し、打線がつながりました。
ピッチャー陣も、ようやく本来の投球を取り戻しつつ有り、いい時だけでなく、悪い時も悪いなりのピッチングが出来るようにならなければ、これからの大会でも、悪い結果しかでないと思います。
とにかく、チームとしてもsouとしても、復調の兆しが投打に出てきましたから、なんとか上昇気流にのって行きたいものです。

チームとしても残る大会は少しになってきていますが、当然進学に関しても押し迫ってきています。
GW中には、souの家庭訪問もあり、学校の担任の先生と話をして、ろう学校ではなく、通常の高校に進学する気持ちでいます。
との事で、先生にも学校情報の調査の協力をお願いしています。

なんとか、souをピッチャーとして考えてくれる高校を監督にリストアップしてもらっております。souの場合、プラスアルファとして、授業での情報保障も条件としてリクエストしていますので、かなり間口が狭くなるのは当然です。
しかも、金銭的な問題も抱えていますから、どうなることやら・・・

なるようにしかなりませんが、後は、souがどこまで頑張って実力を伸ばすことが出来るかどうか。
あと、勉強ももちろんです。

この、GW中天気にも恵まれ、野球三昧でした。

妻の病院には、毎日行きましたが、病室で妻も呆れ返っていたと思います。
なんだか、寂しそうにしていた日もありましたから。
posted by アンバサダー at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする