2010年12月09日

暫定3位

ちょっと、間が開いてしまいましたが、日曜日の練習試合の話。
日曜日のプロ野球教室終了後、に行った練習試合は、同じ地区同士の対戦で、しかも秋季大会予選ベスト4同士。
見方を変えれば、3位決定戦と言える顔合わせでした。

結果は、2-0で完封勝利。この日、souも投げたいと監督に直訴していましたが、1年生を終盤に二人使っていましたので、監督にはなにか考えがあっての起用ではあったと思います。
采配もヘッドコーチが指揮を取り、監督は観察モード。
手の内を見せない事を配慮しての練習試合だったみたいですが、その状態でも勝ってしまった事が、慢心につながらなければ良いと思いましたね。
と言うのも、相手の先発ピッチャーは左だったんですが、3回までパーフェクトに抑えられていましたから。
得点は、変わった右ピッチャーを捉えてですから、あのままあの左が投げ続けていれば、簡単に勝つ事は難しかったでしょうね。

その試合souは、久しぶりの長打、センターオーバーのツーベースを放ちました。グランドローカルルールで2ベースとなってしまいましたが、らくらくスリーベースの当たりでした。
ちょっと、センターが前を守っていたのですが、ライナーで頭上を越していきましたから、よほど深く守らないと捕れない当たりではあったと思います。

肘の故障後、初の長打で、しかもライナーでのセンターオーバーですから、振る力もようやく戻ってきた感じです。

春の予選まで、あと2ヶ月ほどしかありませんが、完全復活へのメドが立ってきました。
souも、やる気満々。
久しぶりに、souが一緒に練習しよう。
と、昨晩声を掛けてきたので、しっかりと付き合ってあげました。

注意したのは、頭の位置。軸を残すイメージはいいんですが、実際に打つときに頭が突っ込むことがあります。
よりスイングスピードを上げる為に、ボールをより引き付けて打つ為に、軸を残して打つ事は絶対必要な技術です。
そのためには、軸である背骨の真上に有る頭の位置を常に意識しながら、スイングする必要があると、souに感じてもらえるように、質問しながら説明しました。

なぜ、背筋を伸ばすの?
なぜ、頭の位置を残すことが大事なの?
どうして、頭が前に行ったらだめなの?
いろんな質問を投げかけました。

どの質問が一番効いたのか良く分かりませんでしたが、とりあえず昨日は、それなりに修正できたと思いますが、この事を自分で気がついて徹底できなければ意味がありませんので、それは土日に見せてもらうことにします。
posted by アンバサダー at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする