2010年12月31日

チーム初

妻が倒れてから、一週間が経過しました。
その日も持たないかもしれないと言われてから、何とか生き延びていますが
以前予断を許すことが出来ない状態が続いています。
しかし、一週間経過し、昼に時間も取れたので、souとバッティングセンターにいってきました。

年末に、バッティングセンターからチームからサービス券が支給されていましたし
小さいころからお世話になっている所でもあります。

行ってみると、サービス券使用者一番乗りということで、コインをもう一枚サービスしてくれました。

souも気持ちよく、たっぷりと打ち込めましたので、いい一日になったと思います。
posted by アンバサダー at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

最高の反応

今日は、妻の職場の友達から寄せ書きの色紙が届きました。
真ん中の絵は、ポンデライオンの絵でかわいく仕上がっており、
娘二人に朗読させて、その声を録音して聞かせました。

とても、満足できる反応があり、うれしく思いました。
posted by アンバサダー at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

久しぶりのキャッチボール

妻の状態は、とりあえず低い状態ですが安定していると言う意味では
良いのかもしれません。
しかし、四六時中見ているわけではなく、面会時間の数分だけでは、詳しいことなんてわかるはずありません。
ただ、今日気管切開を行い、鼻からの送管がなくなり、顔にテープがなくなったこともあり、感情が表情に表れるようになりました。
これは、頭が生きている証である!と、勝手に判断して喜んでいるわけですが
ようやく底が見えてきたか?
とおもっても、前はその更に下がありましたので、楽観はしないようにしています。

今日、病院から帰ってきて、まだ天気が崩れていなかったので、久しぶりにsouとキャッチボールをしました。気持ちよかったなぁ。
posted by アンバサダー at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

納会

三日目を乗り切った妻の状態は、あいかわらず思わしくないままですが
AYボーイズの納会にだけ、参加してきました。
朝の集合のときに、私だけ顔を出し、とりあえず正直に
状況は悪化しており、状態がよくないことを伝えておきました。

今日は、OBが集まって紅白戦を行っていたようで、財団生として参加できる最後のOB戦だったのですが、souにとっては、妻のことが心配のようで、今日も休みました。

病院だけで過ごした、23、24日と異なり、26日は、面会以外はほとんど外にいて、車で移動したりしていましたので1日がものすごく短く感じました。

そんな一日だったんですが、AYボーイズの納会に無事参加し、今年の活動をなんとか締めくくることが出来ました。
納会で、バッティングセンターの割引カードをもらいましたので、時間が取れれば、souと打ち込みに行ってもいいかな?と、少しだけ思えるのですがいけるかな・・・

明日、souは、楽しみにしていたろう学校の友達と遊びに行く日、楽しんでおいで!
posted by アンバサダー at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

何書こうか・・・

正直何を書いていいかよくわかりませんが
自宅に戻ったので、書いておきます。
souは、今日も明日も野球はお休みしますが、チームの納会が明日あるので
それには、参加するつもりです。
posted by アンバサダー at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しばらく更新とどまります

12/23のAYボーイズ主催大会準備中に
妻が倒れました
病名は、脳幹梗塞で命の危険にさらされています。
なんとか、初日を乗り切り
二日目も乗り切りました。
みなさんからも元気と勇気をください。
無事に再び、妻とともにsouの野球道を見守りたいのです。

幸い、souを初め子供たちも気丈に頑張ってくれており
今は、みんなに支えられて頑張っています。

携帯からのアップ方法をしらないので、たまに帰宅するときしか記事をかけませんが。

がんばって、このブログも続けていきますので
応援よろしくお願いします。
posted by アンバサダー at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

寒くなければいいな

ちょっと最近天気が悪い日が続いておりますので、souの自主練は家の中だけでやっているはずなんですが、冬休み前になって、souの気持ちも緩みまくってます。
まぁテレビを見ながらの腕立て伏せをやったりはなんとか目の前でやっているようですが・・・

明日は、ボーイズ主催の学童軟式大会。
souは、ボールボーイとかグランド整備のお手伝いをしてもらうことになります。出身チームのチームLの合同チームもやってきますが、なんとか決勝トーナメントに勝ち残って行って欲しいと思います。
posted by アンバサダー at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

なつかしいね〜

土曜日の体験練習は、大盛況で在団生たちは、ほとんど練習ができない状態になってしまいました。
6年生の練習を見ると懐かしい感じというか、ほのぼのとした感じになりましたね。
souは、とりあえずブルペンに入ってピッチング練習をしていたようですが、カーブを何球か投げていたようです。
6年生の練習の相手をしていましたので、チラッとしかsouの練習している姿を見れませんでしたが、souをさがすのが難しくなるほど、souが選手の中で身長が変わらなくなってきています。
以前は、ちいさくてすばしっこいのを探せば簡単に見つかったんですけどね。
日曜日の練習は、おそらく今年最後のバッティング練習。
それなりに、しっかり振れるようになったことはバットから出る音で分かります。
ただ、まだまだ改良の余地はたくさんありますので、ピッチング共々貪欲に自主的に取り組んで欲しいと、感じました。
12/23はAYボーイズ主催の学童軟式大会を行います。

さて、忙しくなるぞ〜〜
posted by アンバサダー at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

手本になれるかな?

最近の自主練での素振りとシャドーを見る限りでは、頭のブレが少なくなってきたように思います。
特に、素振りでは軸がしっかりしてきているのは見ていて感じるのは良くなっていると思います。
ただ、若干腰を切りすぎているというか速振りをしているので仕方が無いんですが、センター返しではなく引張る感じになっているように見えるのが、やや気になるところ。
それでも、バットのヘッドが立って出てくるスイングになっていますので、それほど気にはしていません。
今は、体づくりの一環として、速振りをさせているだけですし、ヘッドが体の近いところを通るスイングを体に覚えさせるための練習ですので、1月を過ぎれば、実線を意識した素振りに切り替える予定ではあります。

シャドーの方は、軸足を台に載せた練習が板についてきた感じで、仕上げに普通のシャドーもしておりますが、自主的にクイックのシャドーもやり始めたようです。
もう家での練習でも、サポーターは外した状態で練習しており、完全復活へ又一歩近付いていると感じています。

外での練習後に、腕立て伏せとバランスボールを使った腹筋背筋を3セット行っておりますが、目的は筋力アップではありません。肘の故障でほとんど腕立て伏せをしていませんでしたから、腕の筋肉のリハビリというか、間違いなく衰えているであろうと思われる筋肉を刺激することが目的です。
投げる行為に対して、腕立て伏せで使う筋肉はそれほど重要ではないという認識が最近の風潮であると思いますが、腕周りや肩周りの筋肉を保持している腱や筋肉を強化する目的で、やはり腕立て伏せは必要だと思うのです。
疲れるまでの回数を伸ばすというよりも、刺激回数が大事なのではないかな?と、勝手に思っていまして、1セットの回数は10回しかさせていません。
souも腕立て伏せをやっても大丈夫なのか、ちょっと不安もあったようですから、10回3セットにしているんですが、いつから増やすかは決めていませんが、いずれ5セットぐらいには増やすつもりです。

明日は、小学生が体験練習にやってきますが、小さな体の選手には良い目標になれる存在だと思いますんで、良い所を見せてくれれば勧誘効果もでるとおもうんですけどね。
posted by アンバサダー at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

走れることが・・・

近代的なトレーニングを解説した本が結構たくさん出ていて、昔ながらの練習が否定される風潮があるように感じています。
しかし、昔は肩肘痛いなんてあまり言わなかったよな?
という会話がよくなされたりするんですが、肩肘はともかく膝、腰、足首を痛める子どもの話も耳にすることがあります。

昔ながらの練習の代表的なものとしては、うさぎ跳びがありますが、あの練習も、やり過ぎなければいい練習になります。

あと、トイレが和式から洋式が主流になり、また椅子に座ることが普通になり、正座やあぐらをかくことが少なくなっている。
というような理由から、股関節や膝、足首の柔軟性の足りない子供が多くなっている。
という話もよく耳にします。

今は、少年野球の試合数も多いチームでは、年間200試合程もこなすチームもありますし、チーム事情によっては3学年の試合をかけ持ちしてこなす選手もいると思います。

たしかに、近代的なトレーニングにより、選手寿命が伸びたり、パフォーマンスが高まっているのは、一部の頂点のプロ選手ばかりです。

底辺にいる、野球の入り口にいる学童軟式や、中学野球の選手たちは、偏った運動による弊害で、故障者が増えているように思えてなりません。

生活習慣は、各個人、各家庭の問題でありますので、チームでどうこうできる問題ではなくなっていますが、考えて見れば、野球は元々ベースボール。洋風の生活習慣=ダメな、ハズはないとも思います。

小さな子供の頃から外で自由に遊べる環境がなくなってきていることが、体のバランスのとれた成長を阻害し、思考の柔軟性もなくなってきていることが、一番の問題のように思えてなりません。

幸い、souは遊ぶ環境には恵まれ、たくさんイタズラもし、叱られ、見守られながら成長していくことが出来ています。
そのおかげかどうか分かりませんが、なんとか人並み以上には体の柔軟性を確保できてはいるようです。

走る練習同様、ストレッチや柔軟体操は、地味な作業ですから、きっちりと走れる練習を自主的に出来る選手は、ストレッチも出来るんでしょうね。

やはり、走れることって、基本なんだなぁと
感じます。
posted by アンバサダー at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

観る角度

現チームの監督が、良く言う喩え話があります。

山を登るのに、どちらから登るか、またどういう方法で登っていくか人それぞれであり、野球の指導も同じく、いろんな考えや方法はあるけど目的は同じ。

と、よく言われます。

このたとえには、概ね私も納得しておりまして、私なりの解釈は、
絶対正しい方法なんてなく、一番の近道は、一番勾配の険しい道程であり、一番簡単な方法なんてないと感じております。

ですから、今までどの道筋を通って、今ここにたどり着いているのかが分からなくては、もとに戻すことを教えているだけのこともありますから、
指導することに対して、今は、あまり多くを語らないようになってしまっています。

もちろん、自分なりの好みや考え方はありますので、聞かれればいくらでも答えてしまうのですが・・・

と考えると、野球の技術なんてものは、考え方次第でいくらでも変わってしまうので、ピッチングにしてもバッティングにしても守備にしても、チーム方針と能力が合わなければ、淘汰されてしまい実力を発揮する機会すら奪われてしまう危険性もあります。

しかし、走ることによって身につけた体力と能力だけは、どのチームに行っても間違いのない能力であるとも、監督はよく言います。

いわゆる、基本。という事が指導の中でよく使われますが、観る角度を替えれば基本なんてものは、走る能力以外、共通項がなかったりするわけです。
それを一緒くたにして、あいつは基本がなってない。と、結果が出せない選手は言われてしまうわけです。

ところが、監督はそのようなことは言わず、選手の観察に終始しているわけなんですが、実情をよく知らない人や上辺だけを見る人は、指導をしない、出来ない監督と思ってしまうでしょうね。
ただ、本当に野球が好きで、高校で困らないための指導をしているとは、なかなか気づきにくいとは思います。
私も、スコアラーとしてベンチに入る前は、なかなか気づきませんでしたからね。

こんなチームが、春の代表チームになったら面白いと思うんです。
後2ヶ月、なれると信じて、フォローしていきたいと思います。
posted by アンバサダー at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

疲れはとらなきゃね

風邪を引いてしまいました。
といっても、私の方なんですが、熱はそれほどでもないんですが、喉の痛みと体の節々の痛みがあったので、仕事の方は休養させてもらいました。
先週の終わりごろから、ちょっと喉がイガイガしていたので、やっぱり来たか・・・
という感じですが、souの方は、元気なのでなによりです。

昨日は、ずーっと家にいましたが、本当に珍しくずーっと寝ていましたので、souが自主練をしているのかどうかすらも、把握しておりません。

まぁたまには、そんなこともあってもよいかと思いながら、ゆっくりさせてもらいました。

最近のAYボーイズでの練習は、走るメニューが多いのですが、souは本当に自分を追い込んで走っていますので、ハムストリングスにかかる負担も結構大きいように思います。
日曜日の夜にマッサージしたときも結構張りというか疲れが残っている感じでしたからね。
特に、右側の太ももの内側が結構疲れている感じでした。

陸上部でも、ボーイズの練習でも結構走っているので、太ももに湿布を貼って寝たさせた方が良いかもしれませんね。
肉離れを起こしてからは遅いですからね・・・

走りこみも大事ですが、走り過ぎで故障しては意味有りませんからね。

とにかく、souは肘の故障で、限界まで体を追い込める性格であることがよく分かりましたので、こちらがブレーキをかけてあげないといけないことも分かりましたから要注意です。
posted by アンバサダー at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

順調!

この週末の練習では、ほぼフルにピッチャー陣の練習メニューをこなしました。
ハムストリングスの疲労が一番きついようですが、肩肘は問題なく、回復は順調です。

監督からも、souのフォームは1年生のいい手本になると言うことで、1年生とペアで遠投をしていました。
シャドーピッチングでのフォーム固めの成果が出てきつつあるようですが、まだまだ体重移動が十分ではありませんので日ごろの練習でもっと意識を高めて取り組んでほしいですね。
posted by アンバサダー at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

最近の練習

昨晩帰宅したときに、丁度souが素振りをしているところでした。
どんな素振りをしていたかというと、30本の速振りを60秒のインターバルを開けて、5本やっていました。
830gのバット→ノックバットをローテーションしてやるので、初めと最後は830gのバットになります。
帰ったとき丁度4本目だったらしく、ノックバットを振っていました。

素振りが終わったら、逆振りで少し体を整えて、シャドーピッチングをしていました。

シャドーピッチングでのテーマは、縦回転です。
ボーイズに入って、セカンドやショートを多く守ったこともあり、やや横回転気味にスローイングする機会が多くなっていた事もあり、その修正の意味と、今後ピッチャーと外野がメインになることを考えると、縦回転をきっちり出来るようにすることは欠かせません。

よって、縦回転しやすいように、軸足を台に載せた状態でのシャドーピッチングをやってもらってます。
回数は50回だけ。
回数に特に根拠はないんですが、やりすぎず少なすぎずの回数として、50回としてみたんですが、タオルが、ブン!となるほどしっかりと腕を振りながらやっているので、50回で十分でしょう。タオルの握りは店長直伝の握り。人差し指と中指にだけ負荷がかかる仕組みです。

シャドー終了後は、逆振りを少しやって、次は竹さおトレで締めです。

ま、こんな感じで、最近は練習しています。
posted by アンバサダー at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

暫定3位

ちょっと、間が開いてしまいましたが、日曜日の練習試合の話。
日曜日のプロ野球教室終了後、に行った練習試合は、同じ地区同士の対戦で、しかも秋季大会予選ベスト4同士。
見方を変えれば、3位決定戦と言える顔合わせでした。

結果は、2-0で完封勝利。この日、souも投げたいと監督に直訴していましたが、1年生を終盤に二人使っていましたので、監督にはなにか考えがあっての起用ではあったと思います。
采配もヘッドコーチが指揮を取り、監督は観察モード。
手の内を見せない事を配慮しての練習試合だったみたいですが、その状態でも勝ってしまった事が、慢心につながらなければ良いと思いましたね。
と言うのも、相手の先発ピッチャーは左だったんですが、3回までパーフェクトに抑えられていましたから。
得点は、変わった右ピッチャーを捉えてですから、あのままあの左が投げ続けていれば、簡単に勝つ事は難しかったでしょうね。

その試合souは、久しぶりの長打、センターオーバーのツーベースを放ちました。グランドローカルルールで2ベースとなってしまいましたが、らくらくスリーベースの当たりでした。
ちょっと、センターが前を守っていたのですが、ライナーで頭上を越していきましたから、よほど深く守らないと捕れない当たりではあったと思います。

肘の故障後、初の長打で、しかもライナーでのセンターオーバーですから、振る力もようやく戻ってきた感じです。

春の予選まで、あと2ヶ月ほどしかありませんが、完全復活へのメドが立ってきました。
souも、やる気満々。
久しぶりに、souが一緒に練習しよう。
と、昨晩声を掛けてきたので、しっかりと付き合ってあげました。

注意したのは、頭の位置。軸を残すイメージはいいんですが、実際に打つときに頭が突っ込むことがあります。
よりスイングスピードを上げる為に、ボールをより引き付けて打つ為に、軸を残して打つ事は絶対必要な技術です。
そのためには、軸である背骨の真上に有る頭の位置を常に意識しながら、スイングする必要があると、souに感じてもらえるように、質問しながら説明しました。

なぜ、背筋を伸ばすの?
なぜ、頭の位置を残すことが大事なの?
どうして、頭が前に行ったらだめなの?
いろんな質問を投げかけました。

どの質問が一番効いたのか良く分かりませんでしたが、とりあえず昨日は、それなりに修正できたと思いますが、この事を自分で気がついて徹底できなければ意味がありませんので、それは土日に見せてもらうことにします。
posted by アンバサダー at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

竹さおさまさま

肘の骨折が治ったことで、リハビリというよりも本格的に競技に復帰する時期に来ました。
本当ならもう少し前倒ししてもよいぐらいのペースで治っていたと思いますが、治すよりもパフォーマンスをさらにアップする事を私は目標にしています。
肘よりも肩周りのトレーニングを今は重視していまして、トレーニングと言っても柔軟性を確保しつつ肩周りのインナーマッスルを刺激するようなそんなトレーニングを、竹さおを使ってやってもらおうと思ってます。

昨日、久しぶりに、souにバッティング練習とシャドーピッチングの方法と目的(チェックポイント)をしっかり伝えました。
後は、自分でその事を徹底できるかどうか。
それだけです。

ただ、肩周りのトレーニングに関してはそれほど時間も掛かりませんし、多少口出しするかもしれません。
ストレッチ関係は、やったかやらないかがそのまま効きますから、仮にやっていたとしても、寝る前に軽くやるだけでも、効果が期待できますからね。

とにかく、肩周りのトレーニングは投げる打つ。に通ずる土台となると信じております。小さなsouですから、筋トレ系ではなく、まだまだ神経系の発達を意識して、野球だけでは使わない肩周りの神経や筋肉を総動員して、故障に強くまたパフォーマンスを高めるような練習になればと思ってます。

こう書くと凄いことやってそうですが、単純に竹さおを両手でもって上下左右前後に動かしているだけなんですけどね。
posted by アンバサダー at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 故障に負けるな! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

意外と、よかったのかな

日曜日のプロ野球教室は、人数が多い為、それほど大したアドバイスを貰えるわけでも無いでしょうし、それほど期待してはいませんでしたが、誰が来るのかな?
という、期待はありました。

全員名前覚えていなくて申し訳ないんですが
ロッテ、中日、阪神から現役選手二人来ていただきました。
あと、プロOBとして元阪急、元近鉄の選手。

名前をおぼえた選手といえば
ロッテの荻野貴司選手
中日の平田良介選手
阪神の清水誉選手、水田圭介選手
がきていました。

souは、バッテリー組で教えてもらっていましたが、運良く阪神の清水捕手に教えていただき、引手の使い方のアドバイスを貰ったようです。
練習前に、手帳で会話するんだよ。
と、souに伝えておきましたが、その事が功を奏したようで、野球教室が終わった後、清水選手がsouを探してきたらしく、最後に握手してもらったようです。

そこで、サインをもらってこないのがsouの抜けたところですが、souにとっては、とても嬉しかったらしく、家に帰ってきてから、阪神タイガースの選手名鑑を見て、この選手だよ!
と、嬉しそうにしていました。

こういう所が、野球教室の醍醐味ですので、ぜひ清水選手にはもっと1軍で活躍してもらいたいですし、souの野球への思いの糧になってくれれば、いいかなと。思いました。
posted by アンバサダー at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

故障から2ヶ月

とても天気のよい週末で、練習試合、野球教室共に天気に恵まれ、よい週末を過ごすことが出来ました。

今週末から、souの肘には今までのハードなサポーターではなく、単なるスリーブタイプのサポーターです。
金曜日のレントゲン撮影では、疲労骨折部分が完全にひっついており、肘周りの動きも完全に回復。肘の故障が完治したことが確認できました。

疲労骨折から、2ヶ月ちょうどの12月初めの週末。
練習試合2試合目、7回表のマウンドに、souが立ちました。

1イニングだけの登板ではありましたが、先頭バッターを空振り三振。
2番は、セカンドフライ。3番には、レフト前にポトリと落とされますが、4番を簡単に打ち取り、無事に1イニングを抑えました。

この日の変化球は、カーブやスライダーではなく、チェンジアップ。
肘の負担を軽減するための新球です。

souの復活と共に、新しい武器を持ち、さらにリハビリとトレーニングを重ねて、完全復活したsouを春の大会までに仕上げていきたいと思います。

バッティングの方は、肘の不安が払拭したことにより、完全にオーバースイング。
監督やコーチもビックリするぐらいのフルスイングを見せてくれました。
初球から積極的にフルスイングしていましたから、私はその粋や良し。
ただ、監督は力みすぎている部分が気になるようですが、バットを振る力も完全にもとに戻りました。
結果の方は2試合で、センター前1本しか出ませんでしたが、ボテボテの当たりはなく、打球そのものはよかったので、心配はしていません。
ただ、試合の展開や状況によって、何でも初球から打つのは良くないこともある。
と、状況に応じた待ち方をすべきであると、考え方についてアドバイスをしました。

もう、フォームや細かいことの指導は余程のことがないとしないでしょう。バッティングだけではなく、これからは、自分で考えて答えを出す事をして欲しいですし、分からないことは監督や他のコーチに聞いて欲しいと思います。
高校に進むことを考えると、自分から聞きに行くということをしていかなければ、アピールも出来ませんし、コミュニケーションも取れませんからね。
posted by アンバサダー at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 故障に負けるな! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

誰が来るかな?

日曜日の午前中は、ボーイズ主催のプロ野球教室に参加することになっています。
誰が来るのか、何人来るのかよくわかりませんが、ボーイズ40周年の記念行事ですから、多分ボーイズ出身の、関西出身選手になるとおもうのですが、誰が来るんだろう?
時間的にも人数的にも、イベントやりましたよ。
ぐらいのレベルになると思いますが、ちょっとだけ、楽しみです。
posted by アンバサダー at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

直したのは正解だったのか?

通勤に使っているスクーターからオイルが漏れていることが判明したのが1週間前。
日に日に漏れる量が増えてくるのですが、なかなか時間を取ることが出来ずにいるため、修理する時間がない。
そのスクーターは、12年前に中古で購入したスクーターで、ところどころにガタが来ては、直し。の繰り返しで乗ってきたので、愛着はあるもののソロソロ新しいのが欲しくなってきたのもあります。

妻から、新車購入のお許しが出たので、喜んでおりましたが、昨日久々に時間がとれたので、修理してしまいました。

開けてみるまで、何処から漏れているかわかりませんでしたが、案の定ホースにクラックが入っていただけ・・・
ホームセンターで耐油ホースを購入し、交換しただけであっさり直してしいました。

時間があるとは言っても、真っ暗な中、羽根打ち用の明かりだけを頼りに作業しましたので、たっぷり2時間ほどかかってしまいました。
まぁ、昼間なら30分コースなんですけど、ホースを買いに行く時間なども有りましたし、エア抜きしておかないと焼き付いてももっと困るし・・・

と、直してから気づいたんですが、買い換える口実が消えてしまいました・・・
posted by アンバサダー at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする