2010年10月12日

アピール

故障してから初めての週末を迎えたsouですが、日曜日は雨のため、体育館練習。
土曜日は、グラウンドで練習できましたが、午前中はランニング中心の練習メニュー
午後からは、ノックの後、バッティング練習となりましたが、souはフリーバッティングの時間は、バント練習をしていました。

月曜日の祝日は、練習試合だったのですが、A戦、B戦、A戦の順で3試合おこないました。
souは、1塁ランコーをやってましたが、当然声が出るわけではないので、まぁ、ランコーのポジションから試合を感じるのが目的であり、監督は、選手の自主性を見ることが、目的であったようです。

1試合目は、0-1の負け
2試合目は、0-14の負け
となり、3試合目をどうするか、監督も悩んだようですが、主力3人がいない中で、1年生にチャンスを与える意味のある、最後のA戦の中で、1年生が先発しました。
1回は、それなりによかったんですが、2回に突如崩れだします。
守備に野戦のミスがあるなど、不運も有り、2回裏に7失点してしまいます。
監督としては、マウンドでの態度や雰囲気に不満があったようで、チャンスを貰った1年生ピッチャーとしては、アピール失敗というところでしょうか。
ピッチャーの交代と共に、選手を入れ替えたのですが、どうも1年生のヤル気が感じない。
また、souが怪我をしたことによって、チャンスを貰った選手もどうも監督の思いとは裏腹に、なかなか行動面での成長が見えてこない。

チームとしては、うまく行かない練習試合となりましたが、最後の最後に、面白いことが起こりました。

souは初めての故障で、試合に出れないのがよほど嫌なんでしょう。ファールボールを積極的に取りに行ったり、結構souなりに色々と働いていました。
実は1試合目も、代走なら行けますと、監督にアピールしていましたし、だんだんと、監督には自分の意志を出せるようになってきたな、と思っていたんですが、3試合目、なんとsouが、ライトの守備につくことになりました。

きっかけは、記録はヒットだが、ライトが目測を誤ってしまったプレーの直後。

そのプレーに呆れた監督が、選手の交代を考えたとき、なんと、souが懸命にアピール。
見事チャンスをもらい、出場しました。

残念ながら守備機会は有りませんでしたが、最終回には打順が回ってきたため、バッターボックスに。
脇さえ閉めれば、バットは振れるのはわかっていましたが、ほとんど素振りなしで打席に・・・
結果は、初球を積極的に振って、ピッチャーゴロに終わりましたので、打率を下げただけでもったいない打席となりました。

でも、結果がどうというよりも、souがだんだん自分をアピールすることができるようになってきたことが、何よりも良い収穫であったと思います。

souを見ていると、本当に野球が好きなんだなと思います。
寝る時には、必ず硬球を握って寝てますしね。
posted by アンバサダー at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする