2010年06月30日

質が上がってきた

テスト前だと言うのに、寝転んでボールを天井に向かって投げてる時間のほうが長いんじゃないかというぐらい。暇を見つけてはボールを触っているsouです。

よほど投げるのが今、楽しいみたいです。

相変わらず不安定な梅雨空ですので、朝練出来るかどうかも分からないと言うのもあるかもしれませんが、今朝、上手い具合に雨が降っていませんでしたので、キャッチボールだけしました。

時間にして20分ぐらいかな。

真っ直ぐ立って、真っ直ぐ動いて、フィニッシュで片足でしっかり立つ。

この事を意識してもらいながら、丁寧に丁寧に今日は投げました。

スライダーも投げ始めは、曲げようと言う意識が強すぎるのでフォームですぐに分かってしまいますが、アドバイスすればすぐに修正できましたし、コースも今低めに上手く集まってました。

投げ始めてまだ1週間ぐらいですから、まぁこんなもんだろうと思います。

この前の日曜日に、監督とAYボーイズの現エースの話になり、スライダーの話も出てきました。
図らずも、監督とスライダー談義が出来たわけですが、私の描くイメージと、監督の描くスライダーのイメージが似ている事がわかりましたので、安心してsouにも練習させることが出来ます。

souの肩の消耗などを考慮して、毎朝投げさせるつもりはないんで、今週のように水曜日に投げるというのは、土日の練習を考えると丁度良いかなと思ってます。

といっても、天候次第で練習日は変わってしまいますから、こちらの意思では決まりませんけどね。

昨日久しぶりに、souの素振りを見ましたが、やっと1人でいいイメージで素振りできるようになりましたね。
深すぎないトップから、コンパクトに振る事が出来るようになってきました。

それまで、硬式になって深すぎるトップが欠点となりヘッドが遠回りする為にインコースが打てなくなっていました。
学童軟式時代は、軟球+金属バットの恩恵でインコースも打てていましたが、硬球になるとパワーの内souには、インコースは詰まってしまっていました。
ようやく、インハイを打てるフォームになってきました。
体力とバットの重さのバランスでようやく体力が勝ちだしたといえるのかもしれませんが、打つほうに関しては、ここからスタートラインです。

しばらくは、ジュニアの大会がありませんが、もう秋が目の前に近づいてきていますからね。
練習試合などで経験を積み上げて、秋に大いなる実りを得られるようにしたいですね。
posted by アンバサダー at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

振り返ってみたものの・・・

守備力でアピールすべく、この1年間強活動してきましたが、打撃力優先の選手起用が続き、souにとっては苦しい時期もありました。
一部のコーチがsouの守備が好きなようで、積極的にショートで起用してくれるのですが、全体のバランスからショート以外のポジションを守ることが増えてきました。

簡単に言えば、伸ばしたい選手がいて、その選手にポジションを練習させる。

という事が、指導陣の中で個々に持っているという事は良くあります。
多くの場合、バッティングがいいが守備が上手くない
という選手に対して、特守させることが多くなります。

souの場合、体の小ささのハンディを埋めるため、守備力の強化を朝練で行ってきました。
そのおかげで、昨年は1年生ながら2年生に混じって試合に多数出場させてもらえましたが、逆にチームの中で指導されることがほとんど無いと言う状態となってしまいました。
実は、ピッチングも同じです。
ブルペンで投げることはあっても、指導されることはほとんどありません。

欠点がないわけではありませんが、sou以上にウィークポイントの多い選手の指導に力が入る。という状態が続いております。

私は、幸い指導陣が指導する様を身近で見聞きできる位置に居ることが多いので、souにフィードバックする事は簡単に出来ます。

その結果、souを独り立ちさせたくても、結局私が教えていることとほとんど同じになってしまっています。

前も、似たような悩みを書きましたが

いつまで二人三脚なのか・・・

まだまだ、悩みそうです。
posted by アンバサダー at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

天気は、良くなかったけど・・・

残念ながら、練習試合どころか二日間ともに天気に恵まれず、十分な練習を行うことさえ出来ませんでした。
でも、投手陣は雨のしのげる場所でブルペン練習だけは出来ましたし、ビデオ撮影をしてウィークポイントをチェックしながらの練習となりましたので、それなりの収穫もあったとおもいます。

これで、6月の練習は終わりとなり、本格的な夏がやってくる季節になりますので、野球も本番のシーズンを迎えます。
この暑い夏の練習を乗り切り、成長していって欲しいです。

souもブルペン練習に参加してがんばって投げてました。

今週は、テスト前になりますから、今週は勉強の方も頑張ってほしいですね。もう夏休みまで1ヶ月ないのかと思うと、本当に時間がドンドン流れていってしまうような感覚がありますねぇ。
確かにもう、ボーイズ生活も折り返し地点を過ぎたようなところにいますからね。
中学生時代の過ごし方が本当に大事だと思いますから、今出来る事を思い切り頑張って、楽しむところは楽しんでやってくれればな、とおもってます。

余談ですが、土曜日練習が終わってから、souと一緒に走って帰ろうとしましたが、一緒にほとんど走れませんでした。
まぁ、当たり前ではありますが、souの成長を感じると言うよりも、自分の体力が落ちた事を痛感しました。
さすがに、これから更に成長して行くsouに追いつこうとはこれっぽっちも思いませんが、souの走る後姿を見て、まだまだ小さいですけどドンドンたくましくなっていく姿を見ると、聴覚障害児として生まれ、ろう学校の狭い世界で育ちましたが、外の世界に触れて少しずつですが成長しているのかなと、思います。
posted by アンバサダー at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

痺れる指

明日は、練習試合が入ることになりました。
例によって、天気が心配になりますが、今のところ予報は曇りであり、微妙なところです。
3年生も選手権が終わって、残る大会はローカル大会のみとなっていますが、力を出し切って終われるように頑張っていって欲しいと思います。

そのためにも、何とか晴れとまでは言いませんが、3試合は出来る天気になる事を祈っております。

さて、今朝のsouはまだまだ試行錯誤中と言うのが良く分かる朝練でした。そんな簡単に身につくなら苦労しませんので、これからジックリと、仕上ていきたいと思ってます。
キャッチャーミットを使っていれば、指が痛くなるなんて事はありませんでしたが、最近は指が痛くなるようなレベルになってきました。
秋ごろには、110km/hに到達するようなレベルになってくれればと、ちょっと欲が出てくる感じになりましたが、その前に100km/hレベルでよいからもっと制球を高めて欲しいという思いもあります。

ちなみに、今身長は153cmぐらいですので、秋になっても158cmに行けばいいほうだと思います。その身長で110km/hを目指すのは、ちょっと目標が高いかな?と思いますが、無理と無駄をなくせば十分可能なスピードだと思いますし、今のスピードでも浮く感じが出てきていますから、ボールの切れとしては悪くありません。
練習するだけでなく、練習するたびに反省と次の目標を作る習慣さえもっと意識してできるようになれば、スライダーの修得も近くなる事でしょう。

この週末の練習試合で登板する機会があるのかどうか分かりませんが、登板する機会があれば、多分souは勝手にスライダーを投げるでしょう。
自信を掴むのもよいが、失敗してもっと頑張る気持ちになってもらいたい。
でも、新チームに向けての競争もあるから、失敗する事のリスクも大きい。
チャレンジしなければ成長もありませんし、souはどちらかと言うと攻めなければならない存在。
未完成でも良いからドンドントライして行く姿勢で、貪欲に頑張って欲しいと思ってます。
先週と先々週は、ほとんど野球らしい野球をしていないので、久しぶりの週末と言う気がしますので、楽しみです。
posted by アンバサダー at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

やる気は行動に現れる

久しぶりに晴れました。
前の日から、投げたくてウズウズしているsouと、家の中で軽くキャッチボールをしていました。souと2人で、いろんな変化球の握りで2mぐらいの距離でお互い回転を確かめながら遊びました。

寝る前でそんな状態ですから、朝起きてからの行動も素早く、学校までのランニングの早さもいつもより早い。
やっぱり、やる気のスイッチが入ると、行動に全部現れますね。

そんな気持ちの入った朝練ですから、アップの時のキャッチボールから、ボールに伸びがある。勢いがある。
ミットからいい音が出ます。

アップ終了で、待ちに待ったスライダーの練習。
ストレートとスライダーを交互に投げて練習します。

初めはちょっと力んだか、高めに浮きますが、ストレートの伸びがまた一段と伸びるようになってきました。
交互に投げると分かっていても、スライダー直後に見ると、ストレートの伸びに驚きます。
スライダーの切れはまだまだですが、昨晩遊んでいた時のカットボールの握りで投げさせてみると、突然横滑りするボールが1球現れました。
まだまだ、リリースが安定せず、試合で使えるレベルではありませんが、souと楽しみながら指の感覚を磨いていきたいと思ってます。

いくら楽しくても、目的は練習。
souには、変化球は曲がりとか気にするな、リリースポイントをストレートと同じようにする事。
変化球を投げた後のストレートが大事だから、ストレートで明らかなボール球を投げないようにする事だけに集中する事。

この2つの事を意識してもらいました。

スライダーの練習もまだ始まったばかり、個人的には、ピッチング練習も大事ですが、バッティング練習はもっと大事。
夜にどの程度振り込んでいるか、最近見ていませんが、勉強もそれなりにやっているようですので、生活のリズムはいいようです。

この調子で、取り組んでくれれいいなぁ〜
posted by アンバサダー at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

からまわり?

昨晩も、souは寝る前にボールをいじって天井に向かって投げたりしながら、朝練する気満々にもかかわらず、今朝も雨・・・
実は、昨晩バッティング練習場から家に帰る時に、自転車の前輪がパンクしたりして、ちょっとやる気が空回りしている感があるsouです。

久しぶりに、自転車のパンク修理しましたが、チューブのゴムのバリが多く、そのままパッチを張っても空気が漏れそうだったので、電動リュータでバリを削り取って、アルコールで脱脂して丁寧に仕上てあげました。

なんと、3箇所も穴が開いていて、初めは簡単に終わらせる予定だったのが、予想外に手間取ってしまいましたが、まぁこういう修理は久しぶりとはいえ得意ですので、無事終了しました。

この前、後ろのタイヤは私が空気を入れてあげたんですが、前のタイヤは全く何もしてなかったので、段差に乗り上げたか、穴ぼこにはまったか、のどちらかであることは明白です。
今後は、空気圧を自分で気にしながら乗ってくれるでしょう。
posted by アンバサダー at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

日常生活

朝が弱いのは昔の自分を見ているようで、仕方がないかなと思ってしまいますが、ご飯を食べる速さが遅いのも、昔の自分を見ているようです。
そんな状態ですから、朝は、良く起こられながらご飯を食べているsouです。

本当は、今朝はスライダーの練習をする予定だったんですが、あいにくの天気なので仕方がありません。

2度寝する事になったsouは、ぐっすりと8時丁度ぐらいまで寝てしまってました。

ろう学校は、普通の学校よりも始業時間が遅いので何とかなりますが、生活リズムがスローペースなのが、ろう学校の弱点でしょうか。

ここ最近、AYボーイズの監督の話の中に

「普段の生活態度や考え方が、試合中のイザという時に出て来る。その時に泣かない様に、普段の生活からキッチリやろう」

という話があります。

その、生活態度や考え方というのをもっと簡単に言えば、やらなければいけない事をキッチリとする。
もっと、具体的に言えば、身の回りの整理整頓や、道具の手入れ。宿題や学校の生活をきちんとする事。
簡単と思われることもおろそかにせず、キッチリとやる。

出来れば、時間管理も自分でやって、一日の生活をせかされることなく自分でできるようになる事。

souの生活習慣は、冒頭に上げた部分は出来ていない面はまだまだありますが、身の回りの後片付けとか、道具の手入れなどはキッチリやってます。
時間管理はまだまだ出来ておりませんが・・・

好きなことだけやっていれば良い時期はもう過ぎましたので、好きな事を頑張る時間を作る為に、それ以外の事も頑張る。

という事が、多分次のステップなんだろうなと、思っています。
posted by アンバサダー at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

ついに、あと1年

今週末は、AYボーイズ3年生の最後の選手権大会支部予選がありました。

チームの事情もあり、souはベンチ入りする事はありませんでしたが、私はいつも通りスコアラーとして、ベンチ入りしました。

souがベンチにいなくても、私がやるスコアラーとしての仕事を全うすれば、チームに貢献できる。
監督やコーチが気付かない部分も含め、試合の流れを見ながらスコアを付けていく。

支部最速のピッチャー対最遅いピッチャーの対決。

初回はお互い3者凡退で退け、上々の滑り出し。

2回の先頭バッターも空振りの三振で1アウトを簡単に奪ってから、突如リズムが乱れる。
力みなのか、心の乱れなのか。
気がついたら、2アウト満塁。
何とか、苦しみながら2-2まで持って行くが、押えが利かず、フォアボールで押し出し。
急遽、左腕がワンポイントでリリーフするも、打球は風に乗り、レフトの頭上を越える・・・
カットプレーの好判断で、ファーストランナーをサードで捕殺し、なんとか3点でしのぐ。
まだ、2回。しかも、裏攻撃。まだまだ、何とかできる。

最後の選手権に燃える選手たちをあざ笑うかのように、低めに変化球を集められ、翻弄される。
それでも、泥臭いなヒットではあったが、1点を奪い3-1に。
しかし、その直後に痛恨のワイルドピッチで1点献上、スクイズの考えられる場面となり、右投手にすかさずスイッチするものの、なにかリズム悪く、スクイズを決められてしまい5-1。
あきらめず、しぶとくつないで1点を奪い取り、5-2とする。
ようやく、投手陣もリズムを掴み、追加点を許さなくなったところで、この試合で初めてこちらに流れがやってくる。

1点を奪って、2点差に詰め寄り、更にランナー2-3塁。
押せ押せムードの中、放った打球はセカンドの頭上を越えるかに見えたが
グラブの先にボールが収まり、得点ならず。

しかし、最終回の攻撃が残っており、上位に回る。
相手投手の球数も、100球を数えるレベルになり、何かが起こるかもしれない。

そんな期待感を持って、挑んだ最終回。

みんな我武者羅にがんばったが、力及ばず。初戦敗退となった。

これで、souもあと1年。どんな思いを持ってこの1年取り組めるか。
冬の練習を越えて行くことが出来るか。
posted by アンバサダー at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

やる気になった、か?

昨晩のsouは、本を見ながら変化球の握りを試していました。
家の中なので、さすがに投げることが出来ませんが、souが色々試している姿を見ると、どうもリリースの仕方が間違っていることに気付きました。

そのままほっておいても良いんですが、投げ方が悪くなるなどの弊害が出るのも困るので、ちょっとしたコツを教えてあげました。

たとえカーブとはいえ、捻るという動きを私はしませんが、何も知らない子供はカーブやスライダーの回転は捻って与えようとします。
souのストレートの回転は若干ナチュラルシュート気味で、腕の振りも自然に回内しながら内旋しています。
リリースが早すぎるときは、ナチュラルシュートして、いいポイントの時は、ビュッと伸びます。
まだ、そのリリースが意識してコントロールできていない。そんな状態です。

souが今まで投げていたカーブは、どちらかと言うとブーメランを投げるようなイメージでやや捻りながら抜くカーブですので、腕の軌道が明らかにストレートとカーブで異なります。
このカーブは、曲がりが大きいため空振りや見逃しの三振も作ることが出来ますが、先日の練習試合では、高めに浮いたボールを左中間に運ばれました。
好いバッターになると、腕の振りでばれてしまいますし、甘く入れば打たれてしまう。レベルの低いバッターになると、手が出ないのでカウントを悪くする事もある。

そこで、私は、ストレートと同じ腕の振りで投げることの出来る、スライダーをsouに教えることにしました。
ま、もともとsouがスライダーに興味を持ち始めたという事がきっかけなんですが、スライダーは、握りだけでなくリリースポイントで上手く切らないと、切れの良いスライダーになりません。

私の今のリリースポイントの考え方では、スライダーを投げるにも、リリースポイントを可能な限り前のほうで、パチン!と切るように投げる事が必要だと考えています。
この投げ方だと、投げ終わった後、小指が上を向く形になり、ストレートとほぼ同じフィニッシュにもなりますし、上手く握ればストレートと同じ握りから、スライダーを投げることも可能です。

この事は、ストレートのリリースポイントの安定化にもつながると考えており、souのピッチングに前後の奥行きを作ることに役立つと考えました。

本当なら、ストレートが110km/hを越えるまでは、スライダーを教えたくはなかったんですが、souがやる気を出している今がチャンスと思ったという次第です。

すると、souの目の色が変わり、明日早く試したい!
と意気込んで、早く寝ました。

で、今朝、スライダー実験です。
先日の朝練では、抜け球のような回転しかしなかったのですが、何球か投げるうちに、見違えるような変化をするようになりました。

ピッチングの基本は、アウトローですが、まだ投げ始めの変化球ですし、プロテクターのない私がキャッチングしますので、インハイ設定で立ち投げから始めます。

初めは、インハイのストレートが力んで、シュート。
次に同じコースから、ボールからストライクに切れ込むスライダー。

初めにしては、まずまず。

ストレートとスライダーを交互に投げながらの練習ですので、ストレートの軌道が低くなると、自然にスライダーの軌道も低くなる。
ほぼ、ど真ん中の高さぐらいにストレートの軌道が落ちてくると共に、スライダーの変化量が増してきました。
リリースポイントが前になったことで、よりスナップが効きスピン量が増し。
また、ボールの軌道が重力の影響を受けやすくなったことも影響しているのでしょう。
時折、微妙にストレートが動くようにシュートしますので、スライダーと上手く組み合わせれば、大きな武器になりそうです。

少しのアドバイスで、ここまで簡単に投げてもらえると、教えた甲斐がありますが、この部分は手話で鍛えた、手先の器用さが役立っていると思います。

この練習で、もっとリリースポイントを意識してくれるようになれば、安定したピッチングにつながるようになると思います。

なによりも、自ら調べてやる気になったことが一番うれしいですね。
posted by アンバサダー at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ピッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

日々の積み重ね

恒例のメンテナンスに行ってきました。
まだまだ、筋肉の左右のバランスに差はありますが、前よりは良くなっていると言うことでした。
そんなに急に反対側の筋肉がつくわけではないし、かといってバッティングで使うほうの筋肉を落としてバランスをとるわけにもいかない。
私の選択した方法は、左右の柔軟性のバランスをとる方向でのサポート。
プラス、サッカーボールを使って体の左右のバランスを整えることでした。
日ごろから、ランニングする時の姿勢や足の運び方にも注意を払いました。

おそらく、まだ2、3ヶ月は時間が掛かると思っていますが、ランニングの時の足運びは、1ヶ月前と較べると多少マシになってきていますので、やっていることは効果はあるのだと思います。

どんなスポーツにも故障はつき物といいますが、souはなんとか故障せずにやってこれるのは、何とか水際で、体のバランスの狂いに気がつき、その事を修正しながら練習できていることなのかもしれません。

1ヶ月前に、三宅先生に見てもらった時は、確かに投げる方向の柔軟性が不足していることが原因なのかどうか判りませんが、スローイングが窮屈な状態になっているように見えました。
私だけでは、真の原因を発見する事が出来なかったでしょう。

1ヶ月経ってから、今キャッチボールする時のsouの立ち姿や投げ終わった時の姿勢には特に違和感がなく、7イニング完投しても、肩肘には全く影響もありませんでした。

日常の体の手入れをしっかり意識付けして行うことで、怪我の予防につながると思いやっておりますが、簡単なことを毎日続けることの重要さを、改めて思い知ります。

身体能力が急に爆発的に伸びることはないかもしれませんが、体の動きを支える柔軟性やバランスを整えることによって、souの潜在能力を引き出せる土台を用意したい。
あとは、souが自覚を持って練習に取り組んでくれさえすれば、と楽しみにしております。
posted by アンバサダー at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

歴史は、くりかえす

試合に負けて、次を見据えて練習するにあたって、souに要求される能力とポジションを整理すると・・・
今回の大会では、ピッチャー、ライト、レフト、サード。
日曜日の練習試合では、サード、ピッチャー、ショート、レフト
ん〜、学童軟式時代に引き続き、ユーティリティプレーヤーになってしまってます。
人数の少ないチームですから、固定ポジションと言うわけには行かないチーム事情という事もありますが、聴覚障害であるsouが、いろんなところを守らせてくれると言うことは、好い事だと。私は考えています。

理由は、いくつかありますが

まず1つ、いろんなポジションを経験することで、走者の立場になった時や他のポジションの動きを知ることで野球頭が鍛えられる。特に、聞こえないsouにとっては、経験する事がもっとも良い勉強となる。

次に、固定されているメンバーを見ると、
「そのポジションしか守れない」
パターンが多く、基礎的な捕球とスローイングのできるsouが、結果的にどこかで使いたい選手。という事もあり、
例えば、外野しか出来ない選手を追いやってまで、出場するチャンスをもらっている。とも、捉えています。


最後に、まだまだ、小さくどこが適任かどうかは分からないが、高校になってどこに回されても、どんな教えられ方をしても大丈夫なように、経験を多く積む。

という、三つぐらい理由があると思っているんですが、二つ目に書いた部分は、ネガティブに考えると、
「ショートに固定してもらえない」
という部分においては、
「絶対的な信頼感がない」
と、捉える事がいえますので、その面をがっちりキープするためには
練習中でのアピールがとても大事だと考えているわけです。

ということで、まだまだショートとしての練習を沢山やってもらいたいと思ってます。

最終日、souがマウンドに立つことはありませんでしたが、もし最終回に逆転成功し、決勝にコマを進むことが出来ていれば、おそらく決勝戦最後のマウンドに立っていた可能性は十分考えられます。

となると、もちろんピッチャーとしてアウトローの制球。緩急で打ち取るための変化球。
最近、souはスライダーに興味を持ち、週刊ベースボールの変化球特集の、スライダーのページばっかり見てます。
で、今朝の練習ではスライダーの練習をさせてみました。

まだまだ、切れの甘いスライダーですが、やや沈むスライダーになりますが、ストレートと交互に投げさせると、結構面白い感じになってました。

時に、ジャイロボールになって抜け球のように回転はしてるけど曲がらないボールもありました。
まだまだですが、今日の中でもストレートが早く感じるという副産物も得ることが出来ましたので、秋までには完成度をもっと高くして、試合にも十分使えるようにしたいと思ってます。

とにかく、souが自信を持ってコントロールできる変化球が欲しいんです。
カーブは良く切れるけど、どこに行くか分からんので・・・
posted by アンバサダー at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

準決勝は、6番サード!

仕事で、いけなかった準決勝
とてもいい試合だったようです。
1回裏にツーベースを足がかりに、速攻で2点先取。
このまま流れに乗って一気に勝利。
と、言いたかったんですが
2回表に、守備の意識の甘さから1点を失い2-1
それでも、3回裏にすかさずタイムリーで3-1
一方相手は、ヒットで出塁するもの、ホームが遠く残塁が続く。
流れは、明らかにこちら。

しかし、立ち直った相手ピッチャーに対し
5回で球数が70球を越え、スタミナが尽きたこちらのピッチャー

運命の6回表、下位打線に4連打を浴び、3-3の同点で降板
押さえに回った次のピッチャーもいきなりのフォアボール。
何とかキャッチャーのいい牽制で2アウトまでこぎつけるも、ピッチャー前に上手くセフティバントを決められ、痛恨の内野安打。
この間に1点を失い、3-4で逆転される。

4回以降、3者凡退で6回まで過ぎ、7回裏最後の攻撃のトップバッターはsou。

初回、あわやライトオーバーの大飛球を放ったがここまでノーヒット。
しかし、ここで意地を見せ、強烈な当たりのショートゴロは、相手のグラブをファンブルさせ、ショート強襲の内野安打でノーアウトで出塁。

ここで、souに足があれば、スチールを仕掛けたいところではあるが、左腕に強肩キャッチャー。無理は禁物。
定石どおり、送りバントで1アウト2塁。

打順こそ、8、9番であるが、昨秋では1番2番を打っていたバッターが続く。

一打出れば同点。

そんな場面だったのですが、力及ばず敗戦となってしまいました。

私は、スコアブックに書かれた内容、聞いた話。
それだけしか判りませんが、やはりまだまだ、野球の神様が微笑んでくれるほど、熱心に野球に取り組んでいない事を、見透かされたような内容でした。

潜在的なチーム力は、決勝戦に進む資格は十分あるチームであると思いますが、まだまだ、各個人の自覚不足。

何が足りないか?

自覚していても、それを補うための行動、実行力、最終的にはそれを続ける継続力。
それらをやり遂げて初めて、努力したと言える。

そういう意味では、souもまだまだ、自発的な努力と言うには程遠い。

しかし、日曜日、souと話した内容には、それまでなかった気付きが出来るようになってきたことはうれしい発見。

souの本当の本番までには、まだ1年時間がある。

ここまで、私が常に支えてきた1年強ではありましたが、ここから、1人で歩いていってもらわなければならないでしょう。

私が、ベンチにいれば多くのアドバイスが出来たと思う。
土曜日の試合で勝つことより、負けた悔しさを次の糧として努力する礎にする方が、将来的には、何倍も良かったと言えるような結果になってもらいたい。

ベスト4だったけど、前のベスト4以上に、ナイスゲームだった。
posted by アンバサダー at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

頑張ってこいよ

souが初めて、まともな大会で私がいない。
さて、どういう事になるか
楽しみです。
仕事も忙しく、今日は素振りすら見ていません。
でも、バッセンで頑張って振り込んでいたようです。
心配というより、楽しみな試合を見れないのが辛い。
二つ買って、明日祝勝会を上げられてしまったら。

それにすら、参加出来ない。

でも、良いんです。

一球入魂で、頑張ってこいよ!
posted by アンバサダー at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

いつもと違う、木曜日

いつもなら、今週末が楽しみで仕方がないんですが、今週は仕事の宿泊研修があり、試合に行くことが出来ません。
しかも、準決勝を見に行くことが出来ないというのは、とても残念です。
できる事は、事前の準備として、朝練する事や夜の素振りに付き合うぐらいしかありません。
あと、マッサージするぐらいか・・・

今週末、私の勝手な想像では、二つ普通に勝つと思ってます。
根拠はないんですが、多分他のチームから見るとノーマークなんで、足元をすくえるかなと、言うところでしょうか。

大きなミスさえなければ、十分互角に渡り合える戦力を持っていると思いますので、今シーズン2回目のチャンスを物にして、次のステップに進むいい道標にして欲しいと思います。
posted by アンバサダー at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

やっぱり、振るしかない

何とか、今回のローカル大会もベスト4以上が確定しているわけですが、更なる上を目指すには、やはりバッティング力の向上というものが強いチームと対戦した時にいいピッチャーを打ち崩せるバッティングが出来るようにならなければ、優勝と言うものはそう簡単に手に入れることができないでしょう。
今大会、3人の投手がそれぞれ完投しての勝利となっているのは、残り2試合と言う事を考えると、心強いといえます。
今のところ、3試合終わってチーム打率がなんと4割5分を超えていますので、打力が今のチームの原動力になっているのは間違いありませんが、いいピッチャーが来た時に同じように得点できるかというと、難しくなります。
souも、中間テストが終わりましたし、私が最近仕事で忙しいのであまり見れていませんが、頑張ってバットを振って欲しいと思ってます。
posted by アンバサダー at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

やった!燃えた!

え〜結果から書きますと
最終日に残りました。
初日、souが先発し7イニング2失点自責1の完投勝利を納めました。
打つほうでもマルチヒットを放ち勝利に貢献しました。
2日目は、この大会は2試合とも外野での出場となりましたが、5回表の守備では緊迫した場面で、5番バッターをライトゴロで捕殺を決めるなど、なれない外野の守備でも貢献しました。
その5回表は、4-0で楽勝ムードだったんですが、ピッチャーが突如乱れ、7,8,9番に3連打。1番,3番をフライアウト、2番,4番にタイムリーを打たれて、4-3の1点差に迫られて、5番バッターを迎えたところで、2アウト2-3塁。
一打逆転されると言う場面で、バックホーム体制で若干浅めに守りたいが、5番バッター。それほど浅くも守れない。
2-3のフルカウントから、打たれた打球は1-2塁間を抜け、souの前に。
猛烈にダッシュして、狙うはライトゴロ。
手に携えたグラブはJRY8。
捕球と同時に握りかえる手のひら捕球の真髄は、0.1秒の時間短縮。中学生でも0.1秒で1mは差が出ます。間一髪のライトゴロ封殺は、手のひら捕球でなければ出来なかったプレーかもしれない。
チームを救ったワンプレーをsouが演出してくれました。

この準々決勝では、AYボーイズジュニアの高い守備力を、内外野で遺憾なく発揮し、それまで完投経験のないピッチャーを守り立てて、この春全国中優勝チームのジュニアチームを6-3で撃破!
見事、最終日の準決勝進出を決めました。

残念なことに、来週の土曜日は仕事で、入部以来の初の欠席となってしまいます。
まぁ、私がいなくても今のsouなら大丈夫。
思い切って、プレーしてくれれば、いい結果がついてくると思ってます。

独り立ちするいい機会になるとも思います。

でも、本当に強豪チームとの一戦は、チーム力を高めてくれたと思います
posted by アンバサダー at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 中学硬式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

さぁ明日だ!

GWでのベスト4がフロックでないことを、この週末の大会でも示せるように、頑張ってきます!
posted by アンバサダー at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

時間がとれん・・・

ちょっと、いろいろ立て込んでおりまして記事を書く時間がありませんでした。
souの体調はスッカリ良くなりましたので、ご安心ください。
また、中間テストも無事に終わり、souもホッとしていることでしょう。
ま、頑張って何とか練習も沢山したいんですが、ちょっと私の時間が取れないのがネック・・・
ま、しょうがないんですけどね。

とにかく、頑張って土日共に遠征できるように、まず、土曜日がんばろう!

そのまえに、自分が金曜日がんばらなくっちゃ!
posted by アンバサダー at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

なんとか、回復

なんとか、昨日一日休んだことで、souの熱も下がり、無事に学校に行きました。
ま、中間テストの勉強をしていたかどうかは、私には良く判りませんが、多分今日は苦手な英語なので、ボロボロなのは間違いないでしょう。

当然、昨日は素振りも何もしていなかったんですが、体調さえ戻れば練習もしっかり出来ますし、振る力は素振りで作って、前から動くものをしっかりと振る練習である羽根打ちもまたしっかりやろうと思います。

もちろん、テスト期間中ですからそれが終わってからになりますけど。

先日の練習試合では、souの1番は上手く機能しましたが、本当の意味で機能するにはやはり足が、もっと必要になってきますね。
まだまだ、蹴る意識が強いのが気になりますが、低く素早くすべるように加速できるようになるには、もっと股関節の縦の柔らかさが必要になりますね。
souの股関節は横方向には柔らかいんですが、若干縦方向には若干硬い。
それでも、チームの中では柔らかい方になりますが、アスリートとしてみた場合、もっと柔らかくならないとダメですね。

ま、もっと意識して取り組んでもらって、より良くなってもらいたいですね。
posted by アンバサダー at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする