2019年10月11日

卒団

花束.JPG

指導者として迎える最後の卒団式には参加できませんでしたが
夜の会食時に、花束を頂きました。

まだ、週末に野球に行かないのは、ちょっと違和感があります。
posted by アンバサダー at 09:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

7分20秒

引退したとは言え、ランニングは続けています。
ベストタイムの更新がとどこおってしまってます。
まぁ、夜とは言え暑いって事
実際にグランドにいかなくなってモチベーションが下がってしまっているって事
これらの影響もあって、苦しい思いしてまでがんばって走ろうとは思えない。
って状況になってしまってます。

そこで・・・

アンクルウェイトをつけて走ることにしました。
はじめは、8分7秒のジョグペースで開始
7分40秒、その次は7分20秒までつまりました。

しかし、タイムアップはこれぐらいにしておこうと思います。
なぜなら、たったの片足500gですが、走るとなると太ももとお尻に結構負荷がかかります。
8分前後のジョグペースでも、フォームを意識してはしると、結構筋肉に効いているのが実感できます。

しばらくは、こうして気分転換で、アンクルウェイトありでのランニングで、体がどう改善するのかを確認したいと思います。
posted by アンバサダー at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

指導者を引退しました

souの在籍していたチームへの恩返しということで、10年強指導者として活動してきました。
やればやるほど、いろんな事がわかってきて、その経験を伝えたい。残していきたい。
そういう思いも、残ってはいます。

しかし、その一方で週末、妻が病院で私を待ってくれているのです。

ここ1年、指導者としての活動も、土曜日のAMのみの限定的な活動にしていましたし
対して大きな変化はないんですが、8月末をもって引退しました。

これまでに出会った、沢山の子ども達と保護者達に感謝いたします。

現場を離れることで、新しい指導方法とか練習方法とか、思いついても実践できる機会がなくなってしまうのが残念なんですが、できれば、過去の教え子たちと一緒に草野球でもできればいいなと、さり気なく思ったりしています。

posted by アンバサダー at 09:05| Comment(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

6分25秒

なんとか、30秒切るところまで行きました。
これよりも、更に縮める為にはまだまだ時間かかりそうです。
「1日1本だけしか走らない」
その制約で、どうすれば記録が向上する有効なポイントは何?
心肺機能?それとも、回転力?鍛えるべき筋肉は何処?またその特性は?

自分の体と対話しながら、楽しみたいと思ってます。

あと、余談ですが
甲子園始まりましたね。
甲子園予選のある決勝戦で、話題になった投手がいましたよね。

私の印象はこうです。

「チームの目標よりも、ひとりの選手のことを優先した事実に対する違和感」
これにつきます。

決勝戦で投げなかったことが、正しいのか正しくないのかは分かりませんし
この事は、将来もわからないでしょう。
ですが、当日、本人が投げれなかったことに対して、悔しいと思っているでしょうし
投げたかったと思っていたことでしょう。

体の負担に視点が行きがちですが
私は、1イニングでも打者1順でも、投げる場を与えてあげたほうが
技術的にも、心の面でも、なにかを掴む感じるきっかけを得る、貴重な経験の場であったのではないか。
そう考えています。
その方が高校野球を一つの教育の場。と考えるならば、もっとも自然な形であったのではないか。

それを崩してしまったのは、世間の目。
その世間の目に対しての最適解を監督は選択せざるを得ない状況になっていたんだろうな。

と、想像しておるのです。

こういう事を避けるにも、多くの投手の負担を平等に減らし、チャンスを与えるという意味においても
投球制限を含む、投手に対するなんらかの保護的な基準は、これからは必要だと思う。
それがあれば、戦術的に監督も考えることができる。

しかし、その一方で、スポーツ選手である以上、故障を恐れず危険を顧みず
やらなければならない時は必ず訪れるし、覚悟を持って自分で選択しなければならない時がくる。

そのためには、自らを追い込む練習を、見えないところで何処までできるかどうか?
その差が、能力の差に繋がり、パフォーマンスの差につながると、私は考えます。


posted by アンバサダー at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

6分34秒

souに買ってもらったトレシューですが、野球の練習で使うと、つま先がぼろぼろになってしまうのでもったいなくって使えません。
最近、年齢を重ねると体力の低下を強く感じますので、自分の体力の確認の為に、6月はじめから毎日1500m走をやっております。
一応、体力の維持も目的ですので、両手には500gのダンベルを持って走ってます。
靴は、souに買ってもらったトレシューです。
ジョグだけなら、5km程度は走ることもあるので、走ることだけで言えば距離的には大したことありませんが、何しろ日常生活の中で
そんなに時間を取ることが出来ません。
軽いストレッチだけのアップなしの一発勝負で、1日1本だけ。
6月はじめは7分45秒ぐらい掛かってしまっていましたが、なんとか6分30秒が見えるぐらいにまでは来ました。
6分フラットまで伸ばしたいんですけど、相当厳しそうな感じです。
とにかく走って思うのは、足が回らない。
回すと、心肺機能がすぐに音を上げる・・・
膝を痛めたりしては、元も子もないので、毎日アタックするわけではなく、流す日は軽く流して走っています。
軽く流した時のタイムは、7分10秒前後・・・
道のりは遠い。はたして、目標は達成できるのだろうか。
posted by アンバサダー at 14:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

プレゼント

トレシュー.JPG
souが初任給でトレシューを買ってくれました。

こういう事をしてくれるのは、嬉しいですが
もっと、社会人としての自覚を持った行動を心がけてほしいと
願うことや、伝えなければならないことは、まだまだ山のようにあります。

子育てにはおわりはないんだなぁと感じるとともに
それは、自分にも当てはまるなと
まだまだ、学んで成長していなければならないのは
自分も同じです。
posted by アンバサダー at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

活躍!

賞状.JPGトロフィー.JPG

この4月から社会人になったsouですが
野球の方は、軟式となり、また、健常者チームではなく、ろう者のチームにて活動しています。
これまで、健常者の中においても、第一線でやり続けていたsouですから、
ある意味当然の結果なのですが、春の大会においてチームは優勝
選手としては、MVPと最優秀投手賞の2冠。
あと二人までノーヒットノーランのピッチングだったそうです。
打つ方は、勝負を決めたセンターオーバーのタイムリーふくむ5打点、

妻に、見せるものがたくさんできました。
posted by アンバサダー at 08:19| Comment(2) | ろう野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

多分最後の入学式

DSC00928_.JPG
末娘がこの4月から大学に行くために、一人暮らしをします。

家では、一番散らかしていた張本人なんですが、
今の所ちゃんと毎日掃除して綺麗にしているみたいで、
食事もちゃんとつくっているようです。

いい経験を4年間で積み上げていってほしいです。
posted by アンバサダー at 11:49| Comment(0) | 娘もいます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

某選手の意見発信で思ったこと

某NPBのプロ野球選手が、アマチュア野球について、色々と意見を発信していますね
言いたいこと、向かってほしい方向は、理解できますし、大筋間違っていないと思います
でも、どこかで私は、別に今のままでも良いよ。って考えています。

自分で選択したことに対して、責任を持つ

それで良いと思います。

他には、

自分でコントロール出来ることに集中する

これかな。

私も以前は、こっちのほうが良い
とか
それはダメ
みたいな考えや感じ方する時期もありました

でも、その事も別に悪いことでも間違っていたともおもってません。
そういう時期を通過したからこそ
今は、違う価値観も理解できるようになりました。

少子化とともに、チームの勧誘も厳しく難しくなっていますが
野球を嫌いにさせない、もっと好きにさせたい。

そういうチームであり続けてほしいと思ってますが
中には、もっと勝ちたい、勝たせたいって声や要求もかならずあります。
絶対、両方の要求があって、そのせめぎ合いなんですよね。
だから、答えはなくて、いつも探し続けている。

よって、野球道なんです
posted by アンバサダー at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

本当に辛いこと

日本のフィギュアスケート男子では、怪我の強行出場が続いていますね
その強行出場している選手がいずれも優勝しているので
目先の結果は出ています
もちろん、いずれも世界の頂点や日本の頂点を目指す舞台であるのと
本人の強い意志の結果ですからそれもよいでしょう

ですが、周囲はその事を美談とするのではなく
強行するという事は悪化するリスクを伴うものだということを
もっともっと強く主張すべきです

長い目で見て、本当にその判断が良かったのかどうかは
今直ぐにはわかりません

ですが、自分で判断し行動した事については
たとえ失敗していたとしても、後悔はないでしょう

チャレンジできないこと

このことがもっと辛いことですから

ですから、いろんな全ての事に対して
指導者や大人達に言いたいことは

本人が考え行動できるように、支えてあげること
経験の差はあれど、人間として対等な立場であること

この事さえ間違わなければ、良いのかな。って思ってます。
posted by アンバサダー at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする