2019年05月06日

プレゼント

トレシュー.JPG
souが初任給でトレシューを買ってくれました。

こういう事をしてくれるのは、嬉しいですが
もっと、社会人としての自覚を持った行動を心がけてほしいと
願うことや、伝えなければならないことは、まだまだ山のようにあります。

子育てにはおわりはないんだなぁと感じるとともに
それは、自分にも当てはまるなと
まだまだ、学んで成長していなければならないのは
自分も同じです。
posted by アンバサダー at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

活躍!

賞状.JPGトロフィー.JPG

この4月から社会人になったsouですが
野球の方は、軟式となり、また、健常者チームではなく、ろう者のチームにて活動しています。
これまで、健常者の中においても、第一線でやり続けていたsouですから、
ある意味当然の結果なのですが、春の大会においてチームは優勝
選手としては、MVPと最優秀投手賞の2冠。
あと二人までノーヒットノーランのピッチングだったそうです。
打つ方は、勝負を決めたセンターオーバーのタイムリーふくむ5打点、

妻に、見せるものがたくさんできました。
posted by アンバサダー at 08:19| Comment(2) | ろう野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

多分最後の入学式

DSC00928_.JPG
末娘がこの4月から大学に行くために、一人暮らしをします。

家では、一番散らかしていた張本人なんですが、
今の所ちゃんと毎日掃除して綺麗にしているみたいで、
食事もちゃんとつくっているようです。

いい経験を4年間で積み上げていってほしいです。
posted by アンバサダー at 11:49| Comment(0) | 娘もいます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

某選手の意見発信で思ったこと

某NPBのプロ野球選手が、アマチュア野球について、色々と意見を発信していますね
言いたいこと、向かってほしい方向は、理解できますし、大筋間違っていないと思います
でも、どこかで私は、別に今のままでも良いよ。って考えています。

自分で選択したことに対して、責任を持つ

それで良いと思います。

他には、

自分でコントロール出来ることに集中する

これかな。

私も以前は、こっちのほうが良い
とか
それはダメ
みたいな考えや感じ方する時期もありました

でも、その事も別に悪いことでも間違っていたともおもってません。
そういう時期を通過したからこそ
今は、違う価値観も理解できるようになりました。

少子化とともに、チームの勧誘も厳しく難しくなっていますが
野球を嫌いにさせない、もっと好きにさせたい。

そういうチームであり続けてほしいと思ってますが
中には、もっと勝ちたい、勝たせたいって声や要求もかならずあります。
絶対、両方の要求があって、そのせめぎ合いなんですよね。
だから、答えはなくて、いつも探し続けている。

よって、野球道なんです
posted by アンバサダー at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

本当に辛いこと

日本のフィギュアスケート男子では、怪我の強行出場が続いていますね
その強行出場している選手がいずれも優勝しているので
目先の結果は出ています
もちろん、いずれも世界の頂点や日本の頂点を目指す舞台であるのと
本人の強い意志の結果ですからそれもよいでしょう

ですが、周囲はその事を美談とするのではなく
強行するという事は悪化するリスクを伴うものだということを
もっともっと強く主張すべきです

長い目で見て、本当にその判断が良かったのかどうかは
今直ぐにはわかりません

ですが、自分で判断し行動した事については
たとえ失敗していたとしても、後悔はないでしょう

チャレンジできないこと

このことがもっと辛いことですから

ですから、いろんな全ての事に対して
指導者や大人達に言いたいことは

本人が考え行動できるように、支えてあげること
経験の差はあれど、人間として対等な立場であること

この事さえ間違わなければ、良いのかな。って思ってます。
posted by アンバサダー at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

4年ぶりの取材

2018年12月毎日新聞記事.pdf
4年経っても取材してもらえる状態でいられたことは良かった、かな
posted by アンバサダー at 08:20| Comment(0) | 大学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

これにて、引退!

前日、きれいに引退しそこねたsouだったんですが
終わってから、話を聞くと、本当はスライダーを投げたかったのに、サインはカットだった。
とういように、悔いが残るピッチングだったようです。

別に、負けが初めででもないですし
高校の時は、9回の裏に4点差をひっくり返された
もっときつい負け方をしたこともある。

souには、その時に高校の監督から学んだこと
いろいろ有るだろう?
明日、チャンスが有るかどうかわからんが、最後の1日を楽しんでこい
と、メールでですが、激励しておきました。

最終節3試合目(月)は、チームは、なかなか攻撃のリズムをつかめず苦戦
先発投手もほぼ、毎回ランナーを背負い苦しいピッチングが続くもののなんとか
試合を作り続け、やっと3者凡退に切って、相手の流れを少し途切れさせた、4回表。
その裏の攻撃も、あっけなく2アウト・・・
しかし、1番が粘って出塁し、すかさず盗塁。
これで、少しはピッチャーにプレッシャーを与えることが出来たのか
2番がライナーでスタンドにブチ込む待望の勝ち越し2ランが生まれ、相手投手をノックアウト。
試合が動くと、相手にも点が入るよくあるパターンで、5回表に1点奪われますが
5回裏にさらに得点を重ね、スコアは5-2と3点リードで優位に。
さて、ここで投手陣や野手陣の4年生の出番が出来上がる。
まずは、背番号11が8回表のマウンドに上がり、3人ピシャリで抑えます。
8回裏、DHに代打で4年生野手が打席に立ちます。
その間、souはベンチ前でキャッチボール。
9回表、souがマウンドに・・・
昨日の悔しい思いから、期する物があるのか、サインにもきっちり首を振り
投げたいボールをしっかりと自分でセレクト。
先頭打者には、スライダーを痛打されヒットを許しますが
次打者は、昨日ホームランを打たれた相手。
ほぼ、ストレートで押し切り、見逃しの三振を奪います。
一つアウトを取り、集中力が増したのか、ランナーを背負ったクイックからの
ピッチングにもかかわらず、ストレートの球速は140kmを超え力投を見せます。
キャッチャーのミットもほぼブレること無く、souの持ち味である
低めにきっちりと制球された、伸びのあるストレートがミットを叩きます。
2番には詰まらせたセカンドフライ
3番には力のないレフトフライ
最後は、本日MAXの141kmで、試合を締めました。

試合後、ウィニングボールを先発投手からプレゼントされ、
最後の試合を無事に締めくくる事が出来ました。

こうして、頂点を目指して取り組んだ、野球は終わります。
14年間、良い事ばかりではなく、苦しく辛いことの方が多かったと思います。
しかし、「チームメイトと仲良く、勝利を目指して真剣に」取り組んだ野球は
昨年亡くなった高校の恩師がくれたメッセージそのものの野球。

souは、やり抜いた!悔いはない!
との事です。

次は、ろうの仲間と楽しい野球を初めます。
しかし、そのろうの仲間と、健常者に立ち向かう野球をするみたいです。
やっぱり、チャレンジするんだな。
ブルペンでもこの熱投.JPG

posted by アンバサダー at 10:30| Comment(2) | 大学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

逆転サヨナラ2ランホームラン

ついに、最終節これが終われば、大学野球も引退です。
私の地元での開催ということもあり、久々の観戦
ココ最近では、勝ちパターンでの終盤を任される起用が多いので
以前の様に、ブルペン完投ってことはなく、5回ぐらいからブルペンに入ってました。
1試合目(土)は、9回まで2点差で負けていたので、souは結局出番なし。
しかし、チームは9回裏に2ランホームランで同点!しかも、後続も続きサヨナラ勝ち!
これで、2試合目の(日)が勝てば、引退の日となる・・・
試合展開は、シーソーゲームの様相の中、1点差リードのまま終盤を迎え
9回裏にsouがマウンドに・・・
気持ち的には、勝ってチームも3位を確定させてほしい。
日曜日で観客も多く、多くの期待を背負ってマウンドに立つ姿を見て
久しぶりに、見る私が緊張しました。
2戦目.JPG
見る方に集中しようと、撮影もほどほどにして見守ります。
先頭バッターは、セカンドゴロに打ち取り幸先よし
変化球のキレは相変わらず、素晴らしく
ストレートのキレもコントロールも問題ない
センターライナーと思った打球が思う以上に伸び、センターもやや目測を誤り
ツーベースヒットとなりましたが、続くバッターを三振に打ち取り
ツーアウトであと一人。打順は1番。
1点差なので、歩かせたくもない。
その思いが強かったのか、厳しく攻めるべきカウントで
カットボールがやや甘く入りました。
痛打された打球は、ライナーでライトスタンドに・・・

人生初、そしておそらく最後となる、逆転サヨナラ2ランホームランを浴び
敗戦投手となりました。
これで、引退は翌日に持ち越しです。
posted by アンバサダー at 23:11| Comment(0) | 大学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

勝利!

大学に入って、公式戦での勝利は新人戦でありましたが
リーグ戦での勝利はまだありませんでした。
秋のリーグ戦の第4節、1戦目も好リリーフを見せ勝利は得られませんでしたが、延長12回引き分け。
2戦目は出番なく勝利、3戦目は出るタイミング失い敗戦、1勝1敗1分けで決戦の4戦目
シーソーゲームの展開で、8回から登板。ピンチを凌ぐと
その裏にチームが逆転。9回をしっかりと抑えて、リリーフ登板ながら
リーグ戦での初勝利を得ることができました。

大学では、残念ながらローテション投手としての活躍はできませんでしたが
最終期では、勝ちパターンで8回以降を任される起用が続き
4試合で登板しています。

今週末は、最終5節、ついにsouの真剣勝負の野球も終わりを告げます。
その最後の試合の会場は、私の生まれ育った神戸ですが
それもなにかの縁かもしれません
もちろん、久々に応援に行きますよ!
posted by アンバサダー at 21:42| Comment(0) | 大学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

もっとも大事な感覚

私が考える、もっとも大事な感覚とは
足の使い方でも指先の感覚でもありません

最も大事な感覚とは
空間把握能力だと考えています。

それは、視覚的な感覚なんですが、まずは目で見たものが何処にどう動くのかを
瞬時に判断できなければ、野球ってあらゆるプレーが成立しなくなります。

平面ではなく、立体的に物体の位置を把握

それに合わせて、自分の体を適切に動作させ、無理なく体を使う。

思い通りに体を使いこなす能力と、立体的に位置を把握する能力

この2つが絶対的に必要であり
その部分を伸ばすトレーニングが少ないように感じます。

実は、体を思い通りに動かす為には、バランスを崩してそのバランスを直すという経験を多く経験する必要があります。

ボディIバランスは、三半規管
空間把握能力は、視覚

これらの感覚は、脳の中で言えば、かなり原始的な部位ですので、
教えただけ、ちょっと考えただけでは、身につきません。

つまり、指導中によく言われる
「何度も同じことを教えているのになぜ出来ない?」

あたりまえです。

小脳等、原始的な部位での情報を上書きするには、大脳でちょっと意識しただけでは
身につくはずもないんです。

よく言われる、体で覚えるっていわれますが、実は小脳で覚えるってことなんです。

ですから、子供の頃から高いところに登ったり、飛んだりはねたり
ものを投げたり、当てられないように逃げたり
追いかけっこしたり

そんな、原始的な遊びをしっかりしないと、ベースである能力が身につきません。

ちなみに、私は、鬼ごっこでなかなか捕まらず、鬼になったら神出鬼没。
そんなチョコマカとした動きからついたニックネームが
ウロチョロするな!
が、省略され
チョロ
と、なりました。

息子であるsouも、ろう学校ではウロチョロしてましたので、血は争えないな
posted by アンバサダー at 08:44| Comment(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする